日刊サイゾー トップ > その他  > 影山ヒロノブが40年続けられた理由
【おたぽる】

デビュー40周年!“アニソン界のプリンス”影山ヒロノブの「衝撃を受けたアーティスト」と「続けられた理由」

──影山さんは後進の育成にも積極的ですが、後輩にあたるシンガーの中に、びっくりした方は?

影山 知れば知るほどすごいのは、奥井雅美ですね。奥井って、わかりやすく上手く見えるタイプのシンガーと比べると、「普通」に見られやすい。でも、そこがすさまじいところなんです。基礎的な部分のレベルがとにかく高い。ぶっちゃけ、誰よりも上手いと思いますよ。

 奇をてらったことをしなくても、何でもできる珍しいシンガーだと思っています。

──それは、先ほどのサザンオールスターズに衝撃を受けたことと似た印象を受けます。

影山 近いと思います。ボクも、そういうことをやりたいと思っているんですけど、なかなか奥井のようにはできない。

 シンガーには、音程やリズムのキープ力、声量、音域の広さなど、さまざまな基礎スキルが必要じゃないですか。それがわかる人が聴けば、奥井は男女の別なく、もっともすごいと思います。あんなのできる人は、ほかにいませんよ。

──こうして40年続けてこられたわけですけど、ここまで続いてきた理由をどう考えていますか?

影山 案外、人と上手くやっていける気さくなところが、自分にはあったのかなと思っています。

──やはり、人とのつながりが大切ということでしょうか。

影山 例えば、すごい実力の人がいても事務所とうまく関係を築けなかったり、スタッフが離れていく人は大成しないと思いますよ。

 自分は、今のスタイルの運営になって15年。その前の事務所も25年いたんですよね。いいときも悪いときもありましたけど、それも含めて25年続けられる人間関係を(前所属事務所と)つくれたのが、長くやってこられた理由だと思います。

──そのキャリアの中で『アニぱら音楽館』も今年で17年目。アニソンの情報番組というもの自体が黎明期でしたから、相当な手探り感があったのではありませんか。

影山 声優さんたちのムーブメントと同時にアニソンが来ていたころなので、やることは、たくさんありました。いい意味での手探り感を感じていました。

──なんでも試せる自由さが魅力的だったということでしょうか。

影山 そうです、まだキッズステーションも小さかったし。例えば、野川さくらをデビューさせて、自分がプロデュースをすることになって……。

 それこそ、中野サンプラザでのライブあたりまでは、ランティスと一緒に曲を作ったりサポートをしたり。そういう、実験的なことがなんでもできる雰囲気がありました。


12345
こんな記事も読まれています

デビュー40周年!“アニソン界のプリンス”影山ヒロノブの「衝撃を受けたアーティスト」と「続けられた理由」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

   朝倉兄弟がこの夏、いよいよ主役に躍り出る!――総合格闘家の朝倉未来 (みくる・...
写真