日刊サイゾー トップ > その他  > 影山ヒロノブが40年続けられた理由
【おたぽる】

デビュー40周年!“アニソン界のプリンス”影山ヒロノブの「衝撃を受けたアーティスト」と「続けられた理由」

デビュー40周年!アニソン界のプリンス影山ヒロノブの「衝撃を受けたアーティスト」と「続けられた理由」の画像3

──ソロになった頃、やりたいと考えたものにアニソンはマッチしていたんでしょうか?

影山 ソロになって、ボクは自分でも悩みながら曲をつくってライブをしていたのです。だから、アニソンが好みとかどうかなんて、そもそも考えられる状況じゃなかった。久々の自分を必要としてくれた人からの仕事の依頼だったから、なんとしても、その人の期待に応えたい! その一心でした。

 * * *

 その後、アニメソングシンガーの第一人者としてキャリアを重ねていった影山だが、多くの人との出会いの中で、その歩みを進めてきた。

 * * *

──40年間の活動の中で、印象に残っているミュージシャンはいらっしゃいますか。

影山 まずは、かまやつさんです。かまやつさんが、いなければデビューはしていませんから。

 次は、松崎しげるさんです。松崎さんの自宅には3カ月くらい住んでいたこともあるのですが、男として一生懸命仕事することの意味を教えてもらいました。

 例えば、スタジオに長時間いるのを嫌うシンガーも多いんですよ。窓もないし、煮詰まると苦しい空間ですよね。

 でも、松崎さんと気持ちが通じ合ったのは、お互いにスタジオにずっといても平気だったからなんですね。

 二十歳の頃でしたけど「カゲ(影山)も俺も、スタジオの中に何時間いても平気だものなあ~」と松崎さんにいわれて、自分もそう思ったんです。だって、煮詰まっていてもスタジオで音楽を作っているのは楽しい。ギターはずっと弾いていて楽しいじゃないですか。

 それをきっかけに、俺ももっと一人前になったら、松崎さんみたいに、堂々とわたっていける人になりたいと、考えるようになりました。

──ライバルとして意識した同世代のミュージシャンもいたのではないですか?

影山 一番、衝撃を受けたのはサザンオールスターズですね。

 初めて、テレビ番組で一緒になったときに「音が小さいのに、なんでこんなに迫力があるんだろう」と思いました。

 LAZYは、もともとハードロック色が強いからギターアンプもしっかり鳴らすし、ドラムもすごいパワフルなんです。ところが、サザンオールスターズって、ギターとかもフェンダーのアンプ(フェンダー社製ギターアンプはあまりひずまないサウンドに適している)。いい音だけど、音量も小さいしドラムも小さい。ボーカルもシャウトしない。それなのに……すごい迫力があったんです!「……これは、本物だ」と思いましたよ。

 それまで、ロックは、大きな音でガツンとぶつけるものだと思っていたのに、それだけではないことに気づかされたんですから。「人には言えないけれど、この人たちは自分たちよりも何倍もすごい」と思いましたよ。

──ひとつの目標になったということですか。

影山 自分は、そう思いました。「音がデカいけど負けてる」と。もっと、ルーツから辿ってロックのことをわかっていないと自分のスタイルは築けないなと。それがLAZYではなく、ソロでやっていこうと思った、ひとつのきっかけでもあります。


12345
こんな記事も読まれています

デビュー40周年!“アニソン界のプリンス”影山ヒロノブの「衝撃を受けたアーティスト」と「続けられた理由」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

(前編はこちら)  各方面で話題になっている、一般社団法人日本合コン協会会長の田中絵...
写真