日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大渕愛子ブログは復帰アピール?

大渕愛子弁護士の「復帰はしない」ブログは、逆に復帰アピール!? 現場からは「弁護士を辞めれば……」

大渕愛子弁護士の「復帰はしない」ブログは、逆に復帰アピール!? 現場からは「弁護士を辞めれば……」の画像1大渕愛子オフィシャルブログより

 昨年、不当な費用を依頼者から受け取っておきながら返金にも長く応じなかった問題で、東京弁護士会から業務停止1カ月の懲戒処分を受けていた大渕愛子弁護士が、ブログでテレビ復帰について「このタイミングでのレギュラー番組への復帰はしない」とコメントした。

 しかし、当のテレビ関係者からは「復帰アピールにしか聞こえない」という声が聞かれる。

 3月27日のブログには、確かに「復帰を待っていてくれていた番組もあり、復帰したい気持ちもありましたが、色々と考えた結果、このタイミングでのレギュラー番組への復帰はしないという結論に至りました」と書かれているが、その後の文では「レギュラー番組以外の出演やレギュラー番組の将来における出演については、育児や本業の状況に照らしつつ、都度検討させて頂ければと思っております」と、結局は含みを残した内容になっていた。

「実際には、出たくてもオファーがほとんどない、というのが現実なのでは?」と話すテレビディレクターもいる。

「大渕さんが復帰したくても、テレビ側は難しい状況ですよ。最近は番組にやたら弁護士が出るようになって、その選別が重要になってきているんです。大きい声では言えませんが、情報番組ではNGリストがあるほど。これは“コンプライアンス的に問題を起こした弁護士を使うのはやめよう”ということで、大渕さんだけでなく、ひそかに画面から消えた弁護士もいる。そう考えると、大渕さんの起用はイージーではないですよ」(同)

 大渕弁護士は、ブログで「復帰を待っていてくれていた番組」があったと書いており、現にレギュラー出演していた『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)は彼女が座っていたイスを空席のままににしている。だが、前出ディレクターは「そりゃ、番組側は、本人にはそういう感じのことを言いますよ。でも、実際に起用するかといえば、ハードルは低くない」と言う。

 実際、情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)のほうは、スタッフに聞いてみたところ「復帰の話は、1ミリも持ち上がっていない」という話だった。


12
こんな記事も読まれています

大渕愛子弁護士の「復帰はしない」ブログは、逆に復帰アピール!? 現場からは「弁護士を辞めれば……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

昨年、不当な費用を依頼者から受け取っておきながら返金にも長く応じなかった問題で、東京弁護...
写真