日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 『時かけ』作者が少女像に冒涜発言

「少女像をザーメンまみれに……」『時かけ』筒井康隆氏の冒涜発言に韓国人から非難殺到!

「少女像をザーメンまみれに……」『時かけ』筒井康隆氏の冒涜発言に韓国人から非難殺到!の画像1

 釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことを受け、一時帰国していた長嶺安政駐韓大使が4月4日、およそ3カ月ぶりに帰任した。

 これに対し、作家・筒井康隆がTwitterに書き込んだ文章が物議を醸している。筒井氏は「…長嶺大使がまた韓国へ行く。慰安婦像を容認したことになってしまった。あの少女は可愛いから、皆で前まで行って射精し、ザーメンまみれにして来よう」とツイート(現在は削除)。とてもベストセラー作家とは思えない、問題発言だ。

 筒井氏の代表作『時をかける少女』『日本以外全部沈没』は韓国でも翻訳され、その名が知れ渡っている。2007年に公開されたアニメ映画版『時をかける少女』は、14年、16年と、繰り返し上映されるほど大ヒット。昨年12月に韓国で発売された『モナドの領域』はベストセラー上位にランクインし、韓国における日本文学人気を牽引していた。

 そのため韓国のメディアは、筒井氏の“冒涜発言”を大きく取り上げている。

 ニュースチャンネルYTNは、「『時をかける少女』の原作者、少女像を戯弄して炎上」という記事を掲載。ほかにも「“少女像をザーメンまみれに”『時をかける少女』作家が衝撃の妄言」(朝鮮日報)、「日本の作家が“少女像にXXしよう”妄言」(毎日経済)のような見出しがずらりと並ぶ。

 これを受け、韓国ネット民からは怒りの声が後を絶たない。

「あきれて言葉も出ない」「有名人がこんな発言をするくらいだから、日本人の民度がわかるな」「韓国にいる38人の慰安婦被害者を傷つけた。謝れ!」「自国でも叩かれそうな発言をするなんて、頭悪いね」「年を取りすぎてボケたのか」「こいつの作品が好きだった自分が情けない」「もうこの人の本を読む気がうせたわ。とっとと捨てよう」といった具合だ。

 とはいえ、慰安婦像を冒涜するのは、何も日本人だけではない。実は、慰安婦像に対してぞんざいな扱いをする韓国人もまた多いのだ。例えば、慰安婦像に日の丸と旭日旗を持たせて楽しんだり、唇に舌を当てたまま写真を撮ったり、駐輪場扱いしたりといった具合である(参照記事)。

 日韓関係をますます難しくさせている慰安婦像の行方は、はたして……。
(文=S-KOREA)

●関連記事
釜山の“少女像”に苛立った男が横断幕を破り逮捕…「親日派がまだまだ多い」と非難殺到
http://s-korea.jp/archives/12666?zo

韓国で慰安婦を「売春婦」と主張したらどうなるのか。とある女性教授の“末路”とは
http://s-korea.jp/archives/14738?zo

最終更新:2017/04/07 21:00
こんな記事も読まれています

「少女像をザーメンまみれに……」『時かけ』筒井康隆氏の冒涜発言に韓国人から非難殺到!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

小室圭氏は眞子様の相手として合格

いよいよ今年も残りわずか。2019年のワイド...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことを受け、一時帰国していた長嶺安政...
写真