日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 祝・芸能生活20周年!今野浩喜
【芸能生活20周年記念特別企画】

今野浩喜、俳優として──「俺を使うと、センスいいなと思われるんですよ」

今野浩喜、俳優として──「俺を使うと、センスいいなと思われるんですよ」の画像1

 もはや、元芸人の肩書は必要ないだろう。俳優・今野浩喜。名だたる演劇人、演出家たちを虜にしながら確実にキャリアを重ねて、7月には新ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)の出演も決定している。これほどのものはないであろう荒波をのらりくらりとかわしながら、前に進み続ける今野。奇しくも芸能生活20周年、普段あまりつまびらかにはしない、その胸の内を訊いた――。

――今オファーが絶えない状態だと伺っております。もう年内はスケジュールがいっぱいだとか。

今野 そんなことないですよ。11月くらいまでじゃないですか。

――俳優としてのキャリアは、もう10年くらいでしょうか。

今野 そうですね、それくらいかもしれないですね。

――始めた当初と今とで、変わったことはありますか?

今野 最初のほうは、すごく「よそ様感」を出して、ハードルを下げながらやってました。でもここ何年かは、そんなわけにもいられなくなってますが。

――ジャンルが違うんで……という感じを。

今野 でも実際まだわからないことだらけです。あんまり学んでないんで、実践しかやってないので、結局わからないままやってます。

――よく俳優さんが「コントは難しい」とおっしゃいますが、今野さんはそれとは逆の難しさを感じていましたか?

今野 それは……一切ないですね。言い方はほんと悪いですけど、ラクです。正直ラクです。与えられたことをやっていればいい。自分で生み出す必要はないですし。

――演じること以外に、脚本を書きたいとかディレクションしたいとかそういう欲求はありますか?

今野 それも全く思わないですね。演じてるのが向いてるだけで、別に人にとやかく言うのは向いてないと思います。

――先ほど「ハードルを下げていた」とおっしゃっていましたが、具体的にどんな風に「よそ様感」を出していたんですか?

今野 最初のほうはそこまで具体的に思っていなかったんですけど、途中から「あぁ知らないほうがいいな」って思ってきたんですよ。一番それを強く感じたのは『男子はだまってなさいよ!』という舞台(『男子・天才バカボン』2010年7月23日~8月1日)で、出てる人のことも全然知らなくて。荒川良々……松尾スズキ……とか、名前は知ってるけど、そんなに本人のこと存じ上げないですもん。松尾さんなんて、当時おじいちゃんにしか見えなくて、だからイジってたんですよ、僕は。松尾さんをおじいちゃんとして。そしたら周りの演劇人が「す、すごいなおまえ!!」って。何も知らないだけで「あいつはとんでもないやつだ……」って思われるんだなと。そこで「知らない強み」に気づいたんですよ。

――松尾さんの反応はどのような……?

今野 普段絶対そんな目に遭わないじゃないですか。だから、うれしそうでしたね、おじいちゃん。ごはん食べにいっても、僕が食べさせてあげるみたいな。

――介護!!

今野 でも実際はそんなおじいちゃんじゃないんですよね。それ後々知ってびっくりしたんですよ。でもあの人はあの人でいい意味で頭がおかしくて、当時まだ買ったばかりの俺のiPadの上にお灸を置いてましたからね。

――お灸……?

今野 動きがよくなる、と。脚本の細川(徹)さんなんか俺のiPadを足で操作していたし。皆川(猿時)さんのビンタは本当に痛いし。暴力が強ければ強いほど面白いと思っている人たち(笑)。

――知らない強み、いいですね。

今野 もともと映画や舞台を熱心に見るタイプではなく、それこそ北野映画くらいですよ。でも「出たい」っていう気持ちはほとんどなかった。

――映画と舞台って全然違うものですか。


1234567

今野浩喜、俳優として──「俺を使うと、センスいいなと思われるんですよ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

内田有紀、マネジャーは柏原崇

 注目の医療系ドラマとして話題のNHK連続ド...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

もはや、元芸人の肩書は必要ないだろう。俳優・今野浩喜。名だたる演劇人、演出家たちを虜にし...
写真