日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 錦戸亮ドラマの脚本がひどすぎ!

チープな展開にウンザリ……錦戸亮・日テレ『ウチの夫は仕事ができない』の脚本がひどすぎ!

 あくる日、老人に「万年筆はいいものです」と言わせるも、「こういうのってヤラセじゃないのぉ?」と老人たちに笑われてしまう司。しょんぼりしながら帰ろうとすると、「これ、君のじゃないの?」と落とし物の1万円札を差し出すおじいさんが。司の落とし物ではないため、「皆さんの中に、お金を落とされた方はいませんか?」と老人たちに声をかけると、あっさり落としたおばあさんが見つかります。

 その後、トボトボと道を歩いていると、偶然、万年筆を使っている大学生に遭遇。司が声をかけると、「流行ってるんですよ」「スルスル書けるし、英語の授業で使ってる人、結構います」とのことです。

不思議ちゃんだった沙也加

 その晩、沙也加は中学時代にプレゼントされたという万年筆と、「私がこの万年筆を使って初めて書いた手紙」なるものを司に渡します。手紙には「末永くよろしくお願いします。何年も、何十年も、私と一緒に、歩んでください」と書かれており、沙也加いわく「万年筆さんへのメッセージ」なんだそうです。さらに沙也加は、「最近ねえ、若い人でも万年筆使ってる人、私よく見るよ」と司に伝えます。

 真顔で「万年筆さんへのメッセージ」と言ってのけた沙也加ですが、沙也加って妄想癖はあっても、決して不思議ちゃんではないと思ってたんですよ。しかし、不思議ちゃんってことになると、夫婦間の絆を描く描写の意味合いも薄れますし、そもそも根っからの不思議ちゃんなんていないと思ってるし……。これまで積み重ねてきた沙也加の“良い嫁像”が、ただ“ぶってるだけ”に見えてきました……。

 プレゼン当日、文房具メーカーの会長の席には、1万円を拾ったおじいさんの姿が。司に気付いた会長は、いきなり「正直者の君の意見が聞きたい」と意見を求めます。

 そこで司は、正直に「私は、若者をターゲットにしたらどうかと思います」と提案。さらに、沙也加の「万年筆さんへの手紙」を会長に見せ、「キャッチコピーにこういうのはどうでしょうか?」とぐいぐいです。

 ターゲットを覆す大胆な意見に、メーカーの幹部たちがザワつく中、会長は「ここには、未来があります。土方さん、こちらの方向で進めていただけますか?」と好意的。結局、若者をターゲットにした販促に変更され、プロジェクトは振り出しに戻りましたとさ。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真