日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 神門実里“顔が恥部”疑惑の真相
宍戸留美×小明×Voice Artist【声優 on FINDER!】vol.51

「ファンの方が勝手にモザイクを……」【ノーメイクス・神門実里】“顔が恥部”疑惑の真相とは!?

「ファンの方が勝手にモザイクを……」【ノーメイクス・神門実里】顔が恥部疑惑の真相とは!?の画像2

――井口監督の映画も女の子は可愛いし、そこは通ずるものがありますね。

神門 あと、百合っぽい物というか、女同士の恋愛にも興味があったんです。井口監督のオーディションには「女の子同士でキスができる人じゃなきゃダメ」っていう条件があったので、「面白そう!」と思って。オーディションでも参加者同士でキスしましたよ。「アドリブで、どこにキスしてもいいよ」って言われて。

――照れちゃう~!

神門 大冒険でした! そういう選考の結果、変わった監督の元に変わったメンバーばかりが集まったという(笑)。

――女同士のキスには抵抗なかったですか?

神門 私、「これはやりたくない」ってことがあんまりないんですよ。映画でも、役をもらえたらどれだけ監督の要求に上回って応えるかっていう対抗心が出ちゃうんです。

――あ、確かにノーメイクスの曲「チョット守ってクダサイ」のMVでも、神門さんだけすっごい変顔してましたね。他のメンバーは少し可愛さを残した変顔なんですけど、神門さんは微塵も残さない振り切り方で、「ノーメイクスのセンターになるとはこういうことか!」と戦慄しました。

神門 あの撮影の時も、みんなから「もっと自分を守りなよ!」って言われたんですけど、私としては、どこまで監督の作品の中に入っていけるかが重要だったんです。そしたら、あまりにも酷すぎたみたいで、ファンの人がTwitterに載せるときに、勝手に私の顔にモザイクかけてくれるんですよ……。

――顔が恥部! でも、ハマってましたよ。私は井口監督が好きで、ノーメイクスが始動したときは「あっ出遅れた」と思ったんですけど、メンバーを見ると「あ、コレは落ちてたな。受けなくて良かった」と思いましたもんね。みんな個性派すぎます!

神門 今時のアイドルさんは本当に可愛いけど、グループでも似てるタイプの子が多いじゃないですか? ウチは誰も被らないんです。

――だから、メンバー全員で映画に主演しても、すぐに顔の見分けがついて親切だと思いました。ちなみに、その個性派が揃ったメンバーに神門さんが受かったのは、なぜだと思いますか?

神門 それが、聞いても教えてもらえなくて……。私、顔とか見た目とか、しゃべり方がアイドルっぽいんですよ。自分でも自覚があって、女優っぽく見られないのが悩みなんです。でも、ノーメイクスとしてやっていくときに、そのアイドル的な要素が必要だったのかなって。あと、超ドジなんですけど、監督は「それは特技に書きな!」ってすっごい言ってくれます。それもあるのかな。

――ドジってあくまで短所であって、決して特技にはならないような……ちなみにどんなドジを踏むんですか?

神門 オーディションに「特技:ドジ」って書いたら、そのオーディションすっぽかしちゃったんですよ。そしたら受かりました。

――え! 何それ!?

神門 あと、ソロアイドルのコンテストを受ける時に、集合場所が目黒だったので、前日に「明日は目黒だから、みんな目黒に応援に来てね~!」ってSNSに書いたにもかかわらず、当日私は中目黒に行きました。

――すごい、致命傷じゃないですか!

神門 この間も携帯を噛んだらバキバキに割れてしまって。

――噛んだの? なんで? 獣?

神門 切符をなくして、探しているときに口で携帯くわえてたんですよ。そしたらホラ、こんなことに。

――ギャッ! ほんとにバキバキ! どんな強度で噛んだらこうなるの!?

神門 本当に、創造と破壊以外の、日常生活に必要な全てのことができないんです。人間としての生活ができない。私にはこの仕事をする以外に生きていく術がないんですよ。

――予想よりもはるかに大変そうです……。昔からこういう芸能の仕事を希望してたんですか?

神門 いや、もともとは入国管理官になりたかったんですよ。

――めちゃくちゃ限定的ですね。

神門 書類に判子を押したかったんです。ずっと「将来は世界と日本を繋げる仕事がしたい」と思っていたので、学生時代に英語と中国語とフランス語を勉強して、弓道も茶道もやって、語学と日本文化を完璧にして準備してたのに、いつの間にかこういうことに……。

――でも、芸能も立派な国の架け橋ですよ。

神門 そう! ソフトパワーになって頑張りたいです!

123456

「ファンの方が勝手にモザイクを……」【ノーメイクス・神門実里】“顔が恥部”疑惑の真相とは!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さ...
写真