日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 『嫌パン本』40原の“パンツ愛”
西原理恵子の生き様が人生の分岐に──

『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい本』40原が語る“パンツ愛”そして、これから

「でも……」

 ある日、40原は気づいた。このまま知名度が上がっていくのだろうか。よしんば、知名度が上がっていったとして、40歳になり、50歳になった時、自分は同じようなクオリティの作品を描いて、人気を保つことができているのだろうか。

「この綺麗なのをずっとやっていても、たぶん、ボクって、このままいってもなんにもなんないな……」

 pixivでは、日々ランキングが更新される。デイリー、ウィークリー、マンスリー。上位にランクインするのは心地よい。新しい作品をアップロードするたびに、しばらくすると通知欄に、何位にランクインしたかが通知されるのも当たり前になった。新しく自分をフォローしてくれる人も増えていく。評価点もブックマーク(pixivアカウントの所持者が自分のお気に入り作品を保存する機能)の数もうなぎ登りで増えていく。だが、その興奮もやがて薄れて、次第に冷静になっていく。

「今は……」

 そんな言葉が、頭をよぎり始める。今は、新しい作品を公開するたびにpixivのランキング上位に入ることができる。でも、pixivだけでも、描き手はどんどんと出てくる。海外に目を向けると、自分より上手いヤツはいくらでもいる。

「勝てない」

 そう思った時、40原に新たな挑戦の意志が生まれた。

「もっと、自分の好きなこと、面白いこと。ちょっと自分の我を出してもいいのかなと思ったんです。綺麗なイラストばかりだったので、馬鹿なことをしてみたいな……と。息抜き程度で」

 自分の我を出そうと考えた時に、40原の頭に浮かんだのは「ドMが喜びそうなもの」。確かに自分はドMである。だから、ドMが喜びそうなイラストを描くことはできる。でも、ただ女のコにいじめられるだけだでは、どうしようもない。ハードなプレイのイラストを描けば、ドMの人には受けるかもしれない。でも、それは、ニッチな閉じた世界。ドMじゃない人に、ドMの感覚を伝えることにはならない。その前に、パッとみて「自分の趣味じゃないな」と、ブラウザの画面を、そっと閉じられるだけ。そうではなく、自分の「ドMって面白いな」というメッセージを伝える方法はなにか。ああでもない、こうでもないと考えて、たどり着いたのがパンツだった。「なんかパンツってキャッチーで面白いな」と。

 時代は変われど、男性が成長する過程で最初に性を意識するもの。それがパンツである。「少年ジャンプ」「コロコロコミック」「コミックボンボン」。そうしたマンガ雑誌に、手を変え品を変えてお色気要素として描かれるのがパンツ。年齢と経験を重ねて、ざまざまな性の嗜好が分岐しても、誰もが必ずといってよいほど、男性の多くが必ず興味を持つアイテム。それに、ドM要素を追加すれば、多くの人にわかってもらえるのではないか。

 そして「嫌な顔をしながら」という要素。ここには、40原の独自の哲学がある。

(C)40原

「今の萌えアニメとか萌え絵って、笑顔、愛想を振りまいているのが基本ですよね。それだけっていうのは、何かウソのような気がしていたんです。美少女って、もっといろんな表情を絶対にするじゃないですか。ずっと笑顔で愛想を振りまいているだけの女のコよりも、もっとパーソナルな部分が見えてくるのではないかと考えたんです」

 そうして出来上がった、最初の作品。前述のメイドさんのイラストをTwitterにアップロードしたのは、15年5月。反応は、40原の予想を、斜め上から裏切った。それまで、1,000人程度だったフォロワーが、アップロードした、その日のうちに2,000人あまり増えた。

「何これ! みんな面白いと思ってくれているんだ」

 反応が熱烈であれば、それに応えようと、創作意欲が燃え上がるのが、描き手というものである。描き手が熱をこめた作品は、ただ見るだけの人をも燃え上がらせる。燎原の火のごとき勢いは止まらない。新しい作品をひとつアップロードするたびに、フォロワーが2,000人増えるようになった。当然、スマートフォンでは通知音が鳴り続ける。音をオフにしても、バイブレーションは止まらない。通知を切って、時々チェックするようにしてみたが「え、通知ってこんな数になるんだ」と、見たこともない数字がいつも表示されるようになった。

 それだけ、40原の作品が幅広く受け入れられた理由。そのもっとも重要なことに、決して18禁にはしないという縛りをかけていたことがある。18禁のイラストを描くことには、抵抗がない。でも、18禁にすれば途端にイラストを楽しむ層が絞られてしまうのではないかと考えたのだ。

「18禁にしてしまうと、当然、18歳以下には見られなくなってしまいます。でも、そういうコたちに届けたい……性癖をこじらせてあげたいという思いがあるです。ほら、ボクが小学校の時とか中学生の時に見た、あのドキドキ感。桂正和先生の『I”s』を読んだ時に感じた<なんだ、このパンツのクオリティは!>という驚き。あの感覚を演出したかったんです。それは、新しい扉を開かせるじゃないですか」

 単にドM嗜好なのではない。少年の時、パンツで感じたドキドキ感を今も味わいたい。それが、40原の作品のベースになっている。そして、ドMとパンツという組み合わせが図に当たっても、忘れることのない謙虚さ。

「ボクは、人を喜ばせることを怠っていたと思うんです」

 単に、当たったことがうれしいのではない。自分が本当に好きなものを、楽しんで描き、それを見た人が喜んでくれている。そこに、とてつもない喜びを感じているのだ。だから、情熱はさらに右肩上がりになっていく。夏にコミックマーケットで頒布した3冊目のイラスト集では「おパンツデータ」というページもつくった。それぞれの女のコが履いているパンツのサイズや素材。当て布の有り無しやデザインなどを、見開きページにまとめているのだ。


1234567
こんな記事も読まれています

『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい本』40原が語る“パンツ愛”そして、これからのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真