日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > クロちゃんは平成の“寅さん”
『水曜日のダウンタウン』

「フューチャークロちゃん」が暴いたゲスで哀れで愛らしい男・クロちゃんは平成の“寅さん”だ!

■あの伝説の「蠢くベッド」の時の……

 

 クロちゃんが「レイちゃま」と呼ぶこの女性は、実は以前にもこの番組に出演している。

 寝起きの悪い人を検証する企画。泥酔したクロちゃんが嗚咽しながら自宅のベッドの下に潜り込み、ドタドタとその寝台を揺らしながら蠢き眠りにつくという、スタジオを、いやさ日本中を悲鳴の渦に巻き込んだあの世紀の映像で、クロちゃんを酔わせるために仕込んだ偽の酒飲みロケで共演していたのが、小林レイミだ。

 その後、小林がクロちゃんからしつこく誘われていることを逆手に取り、仕掛け人として再度起用。クロちゃんを飲みに誘いだす。

 確かに見直すと、その「寝起き悪い検証企画」で、クロちゃんは「あーかわいい、好き」「れいちゃま、かわいい」とデレデレしていた。

 おそらく、いくら誘っても会ってくれなかったのだろう。久しぶりの再会に、バカラのシャンペングラスをプレゼントとして持参する気合満々のクロちゃん。

 続けて、あの日(ロケ日)以来、「レイミー(レイニー)ブルーもおおおお~、終わったはず~なのに~」と、つい徳永英明の替え歌を口ずさんでしまうという報告を彼女にしており、ナレーションでは「気持ち悪い」とされていたが、彼なりに本気なのがわかる。

 しかしそれでいて、小林がトイレにいった瞬間、その小林の使用したてのバカラグラスを当たり前のように舐めるという、さらなる「本気」も見せてくれる、期待を裏切らない男・黒川。

 2日目以降も、プライベートで通うジムでの姿が「フューチャー」アカウントで生配信されていたり、意味なく1日に9,600キロカロリーという、致死量なのでは? と思うほどの熱量を摂取させられたりと、その全ての生態が記録、放送される。特に、知らぬ間に生配信されていたくだりはジムキャリーの『トゥルーマン・ショー』(1998)を思い出す不気味さ。

 途中で「フューチャー」の存在を知りつつ、不気味がり、『水曜日の~』の存在に怯えながらも「キスをされる」という未来予言ツイートの際には「急に元気出てきたしん!マジかな!?」と浮かれてツイートするなど、欲に正直な姿がだんたん可愛く思えてくるから不思議だ。(結局キスされたのは同姓同名の「黒川明人」という別人物というオチ)

 

■クロちゃん=寅さん?

 

 よく考えてみると、彼のつく嘘は実にどうしようもないセコい嘘ばかりだ。食べたのに食べてないとか、タクシーなのに歩いたという、悲しいほどのどうでもいい嘘。ここまで24時間10日間すべての居場所を監視され、この程度の「嘘」しか出てこないのは、逆にすごくないだろうか?

 もっと嫌な裏の顔が出てきてもよさそうなのに、「よく思われたい」という誰もが持つ欲望に沿ったみみっちい嘘に、好きな子のグラスを舐めるという小学生のような悲しい行為。

 なんならタクシーの運転手が道を間違えた際(これも仕込みだが)には「逆に睡眠取れました、ありがとうございます」と笑顔でフォローしてのけるのだ。

 どうしようもない、気持ち悪いと思う人がいるのは事実かもしれないが、彼と寅さん、本質的にどこが違うというのか。いつも嘘と見栄で固めて、女を見るとすぐ好きになり、振られる。よく見たら顔も似て見えてくるといったら国民栄誉賞に失礼か。

 どうしようもない寅次郎を憎めないのと同様、「ゲス」で「最低」で「気持ち悪い」を背負い続けるクロちゃんに、少しだがシンパシーを感じる人が増えてるように感じる。

 そして物語は進む。

 行きつけのラム肉の店で食事をしたり、何度かデートを重ね、ますます惹かれていくクロちゃん。途中、青い薔薇をプレゼントし、花言葉「夢は叶う」と一言添えるところも実にうざい本気だし、すぐさま再度こっそりグラスを舐めてくるあたりも、本気のヤバさだ。

 そして迎えた運命の8日目。


123
こんな記事も読まれています

「フューチャークロちゃん」が暴いたゲスで哀れで愛らしい男・クロちゃんは平成の“寅さん”だ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真