日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 港区女子ひとみんの人生観とは?

「港区女子」を目指した原点は高校時代の出会い!? 現役港区女子・ひとみんの波乱万丈な生い立ちに迫る!【後編】 

ひとみん公式Twitterより

 港区女子の生態について明かしてくれたひとみん(@htm_192)。多種多様な人物たちと出会ってきたことで、目が肥えている彼女だが、一体どういう人生を歩んできたのだろうか?

 今回はひとみんの人並み外れた華麗なる生い立ちをクローズアップしてみたい。

(インタビュー前編はこちらから)

――話は変わるんですが、そんなに知的で美しい佇まいで、鋭いことを言うなんて、聞けば聞くほどひとみんさんのパーソナリティに興味が湧いてきました。生い立ちを聞いてもいいですか?

ひとみん 小学校から高校まで、先生以外とは誰とも、ひとこともしゃべらない人生。教室では本ばかり読んでいました。友達や彼氏もおらず、ずっと浮いていましたね。

――親御さんも社長だったんですか?

ひとみん 父親は開業医です。家族仲はよくて、家にいるのは楽しかったですね。中学は受験をして全寮制の私立校に入学しましたが、厳しすぎるのが嫌で2カ月で辞めました。で、公立に転入して。高校は2年のときに中退しました。進学校だったから大学受験対策はもうほぼ終わっていたし、友達もいないし、いいや、と。

――中退後から大学入学まではどうやってすごしていたんでしょうか?

ひとみん まずは予備校に、テストの点数が良かったのでほぼ無料で入り、浪人生と同じクラスに通っていました。そこで頭がいいのにヤンキーの3〜4浪していた子と仲良くなって、毎晩歓楽街で遊んでいました。楽しかったですね。

――それまで友達と遊ぶことはおろか、夜の街で遊ぶこともなかったのに、突然そんなことに。遊ぶ金はバイト代から捻出したり?

ひとみん いや。バイトはしたことがありません。パチスロばっか行ってた。

――パ、パチスロ?

ひとみん スロットのセンスがあったから、それで生活できていました。食事代は男が払うし、家には帰っていなかったけど誰かの家に泊まったり、勝った金でネットカフェやホテルに泊まることもありました。でも遊び呆けちゃって、その年の願書を取り寄せ忘れ、センター試験を受けられなかったんですよ。周りの友達もみんな落ちて、また浪人して。翌年は地元の大学の薬学部に入学しましたが、行きたくない大学だし早々に留年が決まったから辞めました。

――で、その翌年に、現在の大学に入学するわけですね?

ひとみん 一足先に東京の大学に行った子たちのTwitterを見ると、毎日「六本木なう」とか言って港区で楽しそうに遊んでいたんです。それで「港区がいいらしい」ということを知り、港区に近い大学の薬学部を受験し合格して、上京。で、私も友達がいる港区に行くようになりました。

――それがひとみんさんと港区の出会いだったんですね。当時は港区で何をしていたんですか?

ひとみん 友達が学生イベント団体をやっていて、私は集客をやることになりました。クラブを貸し切った千人規模のイベントが主で、Twitterで集めたり、路上でナンパしたり。当時でフォロワー数が7,000人くらいいたので、「Twitterのひとみんです」と話しかければだいたい大丈夫でした。そこでかわいい友達が増えていきましたね。

――その頃から有名だったんですね。いち大学生が、どうやってそんなにフォロワーを増やせるんでしょうか?

ひとみん 最初はフォローして、外して、を繰り返して、最終的に1,000人くらいのフォロワーになると、あとはその1,000人が勝手に動いてくれるんです。

12

「港区女子」を目指した原点は高校時代の出会い!? 現役港区女子・ひとみんの波乱万丈な生い立ちに迫る!【後編】 のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

 東海テレビが制作し、東海テレビの放送エリアだけで流れたドキュメンタリー番組『さよなら...
写真