日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 中山秀征と今田耕司、和解の背景

「面白いことが正義」時代から一周回って……“犬猿の仲”だった中山秀征と今田耕司、和解の背景

 中山と今田の関係性にダウンタウンを含ませると、途端に相関図がいびつになる。ブレーク前のダウンタウンが『初詣!爆笑ヒットパレード』(同)に出演した際、彼らは得意の野球ネタをやるつもりだった。しかし、スタッフからは「ネタを差し替えろ」との指示が。理由は、「ABブラザーズが野球ネタをするから」であった。特に松本人志は今でもこのエピソードを口にすることがあり、よほど腹に据えかねたことがうかがえる。

 その後、ダウンタウンは絶頂期を迎えて芸能界のトップに上り詰める。『殿フェロ』が放送されていた時代こそ、まさにそれだ。

 当時、「面白い/面白くない」の線引きは、今より格段にシビアだった。そして、ディープなお笑い好きほど、「2.5枚目」と呼ばれるポジションのタレントを敵視していた。中山や森脇健児、山田雅人といった面々のことである。

 あの頃、“松本派”を自認していたコラムニストの故・ナンシー関はこんな文章を残している。

「私が最近1番嫌なのが中山秀征。こいつの態度たるや噴飯もの。基本的姿勢は『最後まで気取れないのがお笑いの宿命なんすよ、オレって』であるが、こいつはお笑いなのか。誰も認めとらんぞ。根本的なところでお笑いを差別してる。俳優を名乗るときにはちゅうちょしたり『自分ごときが』といった態度をとるくせに、お笑いは無審査だと思ってる」(『続キンゴロー』ワニブックスより)

 かなり過激な文章だが、実は当時の世間が抱く思いと決して大差ない。そういう時代だったのだ。ダウンタウンに薫陶を受け、尖りまくっていた若き今田が中山を受け入れない理由は十分そろいすぎていた。

 以下は、『殿フェロ』スタート時に開かれた飲み会でのエピソード。決起集会を兼ねた集まりで、今田はすでに臨戦態勢だった。

「俺、今ちゃんにビールをついだの。そしたら『あ、大丈夫です』って断られたの」(中山)

123

「面白いことが正義」時代から一周回って……“犬猿の仲”だった中山秀征と今田耕司、和解の背景のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

「普通ではやらない東京五輪」は人命を犠牲にする暴挙か

今週の注目記事・第1位「4歳娘と無理心中...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真