日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 海賊版サイトブロッキング論議の現状

「漫画村」は消えても……まだ続いているブロッキング論議 海賊版サイト対策はどうなってる?

※イメージ画像

 世間を騒がした海賊版サイト「漫画村」を契機とした政府による海賊版対策。その議論は、いまだ続いている。政府の知的財産戦略本部による「インターネット上の海賊版対策に関する検討会議(タスクフォース)」の会合は、8月24日で5回目となった。しかし、いまだにどういった方法で対策を講じるのか、結論を出すまでには至っていない。

 海賊版サイトの対策として有力なものと主張されているのが当該サイトへのアクセスを遮断するブロッキングだ。これに関しては、通信の秘密を侵害するとして事業者側からも難色が示されている。それでも有効策として推す声は強い。24日に行われた会合でも、ブロッキングによって効果が示されている海外の事例が説明されたほか、参加した委員からも、改めてブロッキングを実施すべきという発言が寄せられている。

 これに対して、東京大学大学院法学政治学研究科教授の宍戸常寿氏が提案したのが「アクセス警告表示」という新しい方法。これは、ユーザーが海賊版サイトにアクセスしようとしたときに、警告を表示して注意喚起するというもの。宍戸氏によれば、この方法は法的な問題点をクリアするハードルも低く早期の導入が可能としている。

 いまだ決着をみない議論の中で、際立ってきているのは、海賊版サイトに権利を侵害されている事業者がブロッキングを主張しているのに対して、政府の側のほうが冷静な対応になっていることだ。前述の会合では、総務省の担当者が「ブロッキングは、ユーザーの意思に反してアクセス先をチェックして遮断するということですので、プロバイダの役割が、ユーザーを守るものから、ユーザを監視するものに変わる」と難色を示しているともとれる発言をする場面も。

「漫画村」の消滅以降も、海賊版サイトは次々と登場しては姿を消すことを繰り返している。「漫画村」ほどの大規模な悪質サイトは姿を消したものの、類似のサイトは後を絶たないのが現状だ。

 いたちごっこの現状を、どうやって改善していくのか。答えはまだ出ない。
(文=大居候)

最終更新:2018/09/11 23:00
こんな記事も読まれています

「漫画村」は消えても……まだ続いているブロッキング論議 海賊版サイト対策はどうなってる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...…
写真