日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国農村の“質素すぎる”給食

具もスープもないインスタント麺だけ……中国農村の“質素すぎる”給食を保護者が告発!

インスタントラーメンのような麺で、具はない

 先日、女性教師が童貞生徒を誘惑したという事件を紹介したが(参照記事)、中国の教育現場での不祥事は依然として多い。最近では特に、中国人が大切にする“食事”の場での不祥事が頻発しているようだ。

「香港01」(9月13日付)などによると、河南省周口市の小学校で、予定の献立とは異なる、かなり質素な給食を児童に与えていたことが発覚した。SNS上にアップされた保護者が撮影した動画を見ると、この日の献立は、鶏肉とズッキーニの炒め物、ニンニクの茎の炒め物、おかゆ――で、ご丁寧に一人当たりの具材ごとの分量までしっかりとホワイトボードに記されている。ところが、実際に提供されたのは、お椀半分程度の麺だけ。具もスープもなく、育ち盛りの子どもが食べるものとは思えない。パサパサして食べにくかったのか、水に漬けて食べた児童もいるようだ。まるで文化大革命の時代に逆戻りしたかのようである。

 事態を重く見た市や省の関連部門は、早速調査を実施。給食をめぐる不適切な対応があったとして、問題の小学校校長を免職処分に、同校を管理する教育機関の責任者を停職処分とした。中国では農村部の義務教育機関に対して給食費の補助があり、児童一人当たり、国から一日4元(約65円)の補助金が出ているはずだが、中国の物価を考えると、お椀半分程度の麺が4元もするはずがない。残ったカネを誰かが懐に入れているということだろう。

 ネット上には、当然ながら非難が殺到。「中国の問題は悪人が悪事を働くことではなく、悪人に対する罰が軽すぎることだ」「同胞に害を与えさせたら中国人が一番」といった皮肉たっぷりのコメントから「同じようなことをやっている学校は、たくさんあるはずだ」と、氷山の一角であることを指摘するコメントもあった。

 一方、「上海熱線」(同14日付)などによると、10日、湖南省張家界市にある航空工業職業技術学院の学食で、わいせつ動画が放映される騒ぎが起きた。食堂では20〜30人の学生が食事をしていたが、響き渡るあえぎ声に、食事どころではなかっただろう。職員が慌ててテレビを消したが、動画は3分ほど流れ続けていたという。学食にはインターネットテレビが導入されていたため、学校側は、ハッカーが遠隔操作した可能性が高いと釈明しているが、責任逃れのようにも思える。

 中国の教育現場では、まともな食事を落ち着いて取ることも難しい⁉

(文=中山介石)

最終更新:2018/09/25 18:00

具もスープもないインスタント麺だけ……中国農村の“質素すぎる”給食を保護者が告発!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真