日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 冬のペニス”問題、対処法は?

縮んでタチが悪く、イキにくくなる“……冬のペニス”問題、対処法は靴下⁉

 寒い季節、風呂に入る前は小さく縮こまっていた睾丸が、湯船に浸かって体が温まっていくうちにだらりと弛緩して大きくなるのは、男性諸氏なら誰もが経験していることだろう。

 実はペニスにも同じ現象が起こり、さらには、夜の営みをする際に大きな障害となるかもしれないと、イギリスのタブロイド紙「ミラー」が伝えている。それによると、寒さによりペニスが縮み、タチが悪くなるだけではなく、イキにくくなるのだという。

「気温が低くなると、ペニスの血管が閉じてしまうんです」と話すのは、アダルトグッズを販売するネットショップ「Lovehoney」のアナベル・ナイトさん。「肌寒い季節になると、ペニスの長さが最大で50%、太さも20~30%減少するとされています」

 ただでさえ自慢できるシロモノではないのに、そんなに縮こまってしまっては、公衆トイレで用を足すことすらできなくなってしまう(とはいえ、周りの男性も同じ状況なわけだが)。

 ナイトさんによると、気温が下がると、体は体内の温度を保つために、手の指先や足のつま先、ペニスなどへの血流を減らし、その分、体の中心部にその血流を回すのだという。寒いと睾丸が縮んで奥に引っ込んでしまうのも、体内の温度を保つためのようだ。

 影響が出るのはペニスの大きさだけではない。寒いとペニスが鈍感になり、刺激に対して反応が鈍くなるというのだ。さらに、オーガズムに達するまでに時間もかかるようになるが、これは肉体的な寒さだけが理由ではなく、肌寒いとセックスの最中に気が散ってしまうからだという。

 寒いとなかなかイカなくなるというのは、早漏に悩む男性にとっては朗報だが、寒さでセックスに集中できなくなってしまうのでは、なんのためにセックスしているのかわからない。

 とはいえ、過大な心配をする必要はない。セックスをする際には部屋を暖かくし、それでも足りないなら上に毛布を一枚かけておけば暖かさを保つことができ、“冬のペニス”問題は起こりにくくなるという。

 さらには、靴下をはいたままセックスするとオーガズムに達しやすくなるという研究結果もあるので(特に女性)、これからの寒い季節、暖かさを保つ工夫をして、夜の営みに励んでいきたいものである。

最終更新:2018/10/11 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

縮んでタチが悪く、イキにくくなる“……冬のペニス”問題、対処法は靴下⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
インタビュー

舞台の創り手がみる「ガチ恋ファン」

 元・モーニング娘。の新垣里沙が“若手俳優オタク”を演じ賛否両論、大きな話題を呼んだ...…
写真