パキスタンの有名病院でまた……!? 35歳女性が痔の手術中にレイプされたと訴える

イメージ画像(足成より)

 11月下旬、南アジアの国・パキスタンのラホールで、35歳の女性が痔の手術中に病院スタッフにレイプされたと警察に訴えた。

 この女性はパキスタンでも有数の病院として知られるシーク・ザイード病院で8時間にも及ぶ痔の手術を受けたが、手術後に麻酔から目が覚めると、下半身に痛みを覚え、出血もしていたという。

 女性は地元警察に対し、「手術は8時間もかかったのに、その日のうちに退院させられたのよ。麻酔で気を失っている間に、病院のスタッフにレイプされたに違いないわ」と話しているという。

 警察は女性のレイプ査を行い、結果を待っているところだが、女性医師4人によって行われた触診では、レイプの証拠は見つからなかったという。

 また、女性の訴えを受けて、パンジャブ州では調査委員会を設置、調査に当たっているが、委員のひとりは「今のところレイプの証拠は見つかっておらず、女性の“誤解”ではないか」と述べている。

 痔の手術というのは一般的に30分程度で終わり、日帰りが可能だという。しかし、8時間という手術時間は異様に長く、もしそんなに時間がかかるほど重い病状であったのなら、手術後その日のうちに退院させられるというのも変である。

 またこの病院ではかつて、医師や病院スタッフによるレイプ事件が報道されているほか、一番近いところでは今年9月、女性医師が清掃作業員に襲われそうになるという事件も起こっている。

 果たして本当にレイプが行われていたのか、はたまたこの女性の勘違いなのか――警察による検査結果が待たれる。

最終更新:2018/12/05 18:00
関連キーワード

パキスタンの有名病院でまた……!? 35歳女性が痔の手術中にレイプされたと訴えるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真