日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 25歳素人童貞の果てなき風俗愛
『昼休み、またピンクサロンに走り出していた』発売記念インタビュー

風俗レポの域を超えた文才の無駄使い! 25歳素人童貞「素童」の果てなき風俗愛

現役サラリーマンの素童さん

 19歳で風俗初体験をして以来、7年間にわたってネットに風俗レポートをアップし続けている素人童貞・通称「素童」。

 ピンサロに始まり、デリヘル、M性感、「男の娘」ヘルス……数々の風俗に通い綴られた、時に文学的・哲学的な風俗レポートはネットで大きな話題を呼び、ついには『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)にまで出演してしまった。

 そんな素童の風俗レポートが『昼休み、またピンクサロンに走り出していた』(ぶんか社)という1冊の本に! 風俗レポートの書籍化って……平口広美の漫画くらいしか知らないよ。

 なぜ彼はそこまで風俗に通い詰めるのか? そして「素人童貞」を捨てたいとは思わないのか?

■小6から彼女がいたけど、素人童貞

——まず、リアル童貞だった頃の話から聞きたいんですが、どんな子どもだったんですか?

素童 普通だと思いますよ。セックスを知るのも遅かったんで。

——じゃあ、風俗の存在を知ったのは?

素童 中学生の頃です。ブックオフにあった、風俗嬢のインタビュー集みたいなのを読んで。

——エロ本より前にそっち!? やっぱりエロ文を書く素質があったんですね。性に目覚めて、普通に「彼女作りたい」とかの方向にはいかなかったんですか?

素童 彼女はいたんですよ。

——なにーっ!(怒) いつですか?

素童 最初の彼女は小6ですね。

——小学生で彼女って! でも小6だから、具体的に何かをやるとかは……。

素童 ないですね。メールしたり、一緒に学校から帰ったりくらいです。

——そこから、彼女は何人くらいいたんですか?

素童 5人くらいいたんですけど……。

——はぁ〜っ!? なに素人童貞やってるんだよ!

素童 小6で1人、中学で2人、高校で1人、大学で1人……みたいな感じで。

——高校・大学になったら、ヤル人はヤルじゃないですか。そういう方向にはいかなかったんですか?

素童 そうなんですよね。なんか、セックスって難しいじゃないですか。

——それから「成人式前に風俗というものに行ってみたい」ということでピンサロに行ったそうですけど。その頃、風俗のジャンル分けって理解できてましたか?

素童 まったく。「ソープは本番ができる」みたいな話は知ってましたけど、「素股」がなんなのかとか、わかってなかったです。

——ピンサロがなんなのか区別がついてない状態で、1人で行くのって勇気いりません?

素童 怖かったですよ~。

——しかも、全裸で待機していたらピンサロ嬢に爆笑されて、発射もできなかったって。俺だったらもう二度と行かないと思いますよ。

素童 でも「そんなもんかな」って。「ヌキたかったな」とは思ったけど、「失敗だったな」とは思わなかったですね。


12345
こんな記事も読まれています

風俗レポの域を超えた文才の無駄使い! 25歳素人童貞「素童」の果てなき風俗愛のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニーの陰を書かぬメディア

今週の注目記事・第1位「『貴景勝』ご祝儀270...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...…
写真