日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 上沼恵美子の「格」爆上がり!

『M-1』久保田・武智の暴言騒動で上沼恵美子の「格」が爆上がり! むしろ“肥やし”に

『上沼恵美子 コンサート愛唱歌撰』(テイチクエンタテインメント)

 大騒動となってしまったとろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ・武智による上沼恵美子への暴言騒動。12月2日に放送された『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)での上沼の審査に不満を持った久保田と武智が、打ち上げの様子をインスタライブで配信、そのなかで「自分目線の自分の感情だけで審査せんといてください」と久保田が上沼を批判すると、武智が「右のオバハンにはみんなウンザリですよ」「『嫌いです』って言われたら、更年期障害かって思いますよね」などと暴言を吐いたものだ。

 動画はネット上で拡散し大炎上。翌日、久保田と武智はツイッターで謝罪し、2人が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーから上沼に対して謝罪もあったという。その後、久保田と武智から直接謝罪の申し入れがあったというが、上沼は断ったと報じられている。

「上沼さんは、あくまでも2人に対して“興味がない”というスタンス。まあ、上沼さんほどの大物であれば、久保田や武智が何を言おうと関係ないですからね。周囲が騒ぎすぎた感は否めません」(ベテラン芸能記者)

 今回の騒動では、結果として上沼恵美子の凄さが改めて全国に伝わる結果になった。

「関西圏では上沼恵美子の凄さは当然知られていますが、関東圏ではイマイチ理解していない視聴者もいたかもしれません。しかし、今回の騒動を各局のワイドショーが取り上げ、さらにはダウンタウンの松本人志でさえ『ワイドナショー』(フジテレビ系)で上沼さんが『どれだけの人かわかってない』と触れたことで、“上沼恵美子は本当に凄い人なんだ!”というイメージが全国的に知れ渡ったと思います。正直、騒動があったことで、上沼さんの芸能人としての“格”は高まるばかりです」(同)

 しかし、関東圏で「上沼恵美子は怖い」というイメージはつかないのだろうか。テレビ局関係者はこう話す。

「そういうイメージがついたとしてもあまり関係ない。むしろ最近はラジオ番組で“後輩ネタ”をするほどで、その度に話題になる。上沼さんは1ミリも損をしていないと思いますよ」(同)

 まるで後輩たちの暴言さえも涼しい顔で肥やしにしていくかのような上沼恵美子。業界全体が、その底知れぬパワーを痛感したに違いない。

 

最終更新:2018/12/15 08:00
こんな記事も読まれています

『M-1』久保田・武智の暴言騒動で上沼恵美子の「格」が爆上がり! むしろ“肥やし”にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

ガーリィレコードチャンネル登場!

 テレビ的にはほぼ無名の芸人4人が、YouTubeで人気を博している。9月中旬時点で...
写真