日刊サイゾー トップ > カルチャー  > マシュマロを同人作家が試してみた!
【同人活動レポート】

あの「マシュマロ」は同人活動の救世主か? 非交流同人作家が試してみた!【同人活動レポート】

■マシュマロの誤解二つ
「罵詈雑言はすべてカット」「感想の返信を流さなくてはいけない」

 マシュマロ以外にもTwitterに連携して感想をもらうサービスはあるが、マシュマロの特徴は「AIが罵詈雑言はカットして届けない」という、半分が優しさでできたバファリンのような仕様だ。しかし登録してみて知ったが、マシュマロは「AIをさほど働かせない」モードもユーザーの都合で選ぶことができる。

 また、Twitterを利用するオタクのうち少なく見積もって6割くらいが「自分のタイムラインがフォローした神のマシュマロの返信でぎっつら埋まってしまい、神だと思っていたがあの御方が八階級降格で承認欲求ビッチへと格下げ。フォローを外す」という経験に心当たりがあると思う。

 私もこのせいでマシュマロの第一印象は最悪だったのだが、これは何もマシュマロの機能ではない。もらったマシュマロについて返信を出すのは必須ではなく、心の宝石箱にしまっておくことだってできる。

 なお、トスツイ(@tosを冒頭につけて返すツイート)にすることで、フォロワーのタイムラインに出ないように返信することもできるので、私のような嫉妬心の強いフォロワーにフォローを外されることを恐れる人はトスツイを薦めたい。

 マシュマロへの誤解も解けたところで、マシュマロ用に新規Twitterアカウントを取得。pixivで新作を公開する際に「感想乞食に励ましのお便りを!」と一言添えた。

 

■マシュマロで感想のゴールドラッシュ

 作品をアップ後、マシュマロ来い……! 来い! とリロードしまくって4時間後、最初のマシュマロが届き腰を抜かした。あれほど感想を欲しているのにいざ感想をもらうと腰を抜かしてしまうのだ。いただいた感想は実にあたたかなもので、マシュマロのこと承認欲求モンスター養成器だと思っていてほんとにごめんね、と十字を切った。

 結果から先に言うと、いただいた感想は2週間で9件。今までの私の感想人生にしてみるとゴールドラッシュと言っていい。やはり「馴染みのあるフォーマット」は送る側にとっては敷居を低く感じるのだろう。マシュマロちゃんがどぶ板まわりの営業で広げてきた地盤があったからこそ、こうしておいしい水が飲めているのだ。

 ちょうど仕事の区切りがついて、一人串揚げ屋で昼酒をしていたときにマシュマロが飛んできたこともあった。串揚げとビールと長文の神感想。天下統一を成し遂げた秀吉も大阪城の天守閣でこんな気分だったに違いない。感想を送ってくれた9名の方には年末ジャンボが当たるはずだ。

 こうして書くとマシュマロ万歳であり、事実マシュマロ万歳であることには変わらないのだが、感想が来た理由が今のままではマシュマロ100%になってしまうため誤解のないよう付け加えておくと、私は前述のスペック通りとにかく飽きっぽく、二次創作の対象となるジャンルを頻繁に変える。今回も変更したのだが、それが今ちょうど流行っているジャンルだった、というのがどう考えても感想が来た一番の理由だろう。これも原作となるジャンルがそれまで汗水たらして築いた礎があってのことだ。

 今回は自身の政治力がなくても、ジャンルの政治力とツール(マシュマロ)の政治力に助けてもらって感想ゲットだぜ! と言えるだろう。一番の理由はジャンルの力だろうが、それでもマシュマロ以外のフォーマットを利用していたらここまで感想をいただけなかっただろう。

 しかし私はここまでマシュマロの恩恵にここまであやかっているくせに、マシュマロの前提となるTwitterは本当に嫌いなのだ。あの人気者数値が可視化される状況を見ると、スクールカーストを思い出してどんよりと気がめいってしまう。バズっている憎たらしいほどキレのあるつぶやきを見ると、明日財布と携帯一緒になくせと思うくらい妬ましいし、自分が好きな人と自分の嫌いなやつが仲よさそうにしていると床に転がって子供のようにわめきちらしたくなる。

 Twitterを見れば見るほど病むタイプだと自分でも分かっているので、自分のこころを守るためにTwitterでは非交流、怒涛のミュートなのだ。知らなければ腹も立たない。仮にもし私に人気があったら余裕で、王者の貫禄でTwitterに入り浸っているだろう。

 時代に合ってないと自分でも思うが、そんな人でもTwitterをやりようによっては利用でき、いい思いもできるのだ。今回の原稿が政治力のない人の一助になれば幸いだ。

(文/石徹白未亜 [http://itoshiromia.com/])

◆石徹白未亜の過去記事はこちらから◆

【確認待ち】あの「マシュマロ」は同人活動の救世主か? 非交流同人作家が試してみた!【同人活動レポート】の画像2★好評発売中!!
『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』(CCCメディアハウス)?

最終更新:2018/12/28 23:00
12

あの「マシュマロ」は同人活動の救世主か? 非交流同人作家が試してみた!【同人活動レポート】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

 Pablo Blastaというラッパーの名前は、DJ CHARI & DJ...
写真