日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ザブ加藤「売れたらキャラが死ぬ」

ザブングル・加藤歩が“道連れ芸”で注目度急上昇!「売れたらキャラが死ぬ」のジレンマ

ワタナベエンターテインメント公式サイトより

 2018年も終わりが近づく今、お笑い界で急激に存在感を増しているのが、ザブングル・加藤歩だ。

「今年に入って『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)にちょくちょく出演するようになったことで、注目度が上がっています。最近では、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)や『有田ジェネレーション』(TBS系)といった番組にも出演し、自身のキャラを存分にアピールしました」(テレビ局関係者)

『向上委員会』では“魔王”と呼ばれ、ほかの芸人たちに対し、悪態をつきながらムチャ振りを連発。最終的にはとんでもない滑り方をさせられるということで、「道連れ芸」と称されている。

「“CMもレギュラーも人気もない”という自虐を振りかざして悪態をつく加藤さんは、失うものがないからこそ、先輩後輩関係なく巻き込んでいける。下手をすると見るに堪えないものとなりそうなのに、自虐でうまくエクスキューズをしたうえでの悪態なので、見事に成立する。巻き込まれる方としても、芸人としてすんなり受け入れるもよし、リアルに反発するもよしで、いろいろな方向に転がる。本当に素晴らしい団体芸だと思います」(放送作家)

 また、相方の松尾や後輩から責められた加藤が号泣するという“流れ”も多い。

「やはり顔のインパクトが強い芸人さんだし、そのうえでしっかり涙を流して泣くことができるというのは大きいです。立派な顔芸であり、立派な号泣芸ですよ。しかも、仮に泣くべき場面で泣けなかったとしても、“泣けないのかよ!”とツッコミを入れることで大きな笑いも生まれるわけですから、セーフティーネットもあって完璧です」(同)

 これだけ業界内で絶賛されているのであれば、他の番組にも多数出演することになりそうだが、それはそれで不安もあるようだ。

「今、加藤さんが活躍できているのは、百戦錬磨の芸人たちが多く出演している番組ばかりなんです。あくまでも団体芸の中心にいるということであって、加藤さん1人で成立するものではない。芸人があまりいない番組に出たところで、その個性が生かせるかどうかというと、正直難しいでしょうね。例えばクイズ番組に出たとしても、泣くチャンスも悪態をつくチャンスもないわけで、まったく活躍できずに終わる可能性が高い。そのあたりをしっかり考えてキャスティングしないと、むしろ“加藤は役に立たない”というイメージがついてしまうかもしれません。それに完全な売れっ子になったら、自虐が成立しなくなるので、キャラが死んでしまう。なかなか難しいところです」(同)

 この年末年始も番組出演が増えそうな加藤だが、売れることで完全に消費され尽くしてしまう可能性も高そう。道連れ芸の加藤がいかにしてお笑い界をサバイブしていくか……腕の見せどころだ。

最終更新:2018/12/18 10:00

ザブングル・加藤歩が“道連れ芸”で注目度急上昇!「売れたらキャラが死ぬ」のジレンマのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

   朝倉兄弟がこの夏、いよいよ主役に躍り出る!――総合格闘家の朝倉未来 (みくる・...
写真