日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ辛口研究所  > なぜNEWSはここまで押されるのか
テレビ辛口研究所

小山慶一郎『news every.』降板発表の怪……なぜNEWSだけ、ここまで押されるのか

NEWS・小山慶一郎

 NEWS・小山慶一郎が、出演自粛を続けていた報道番組『news every.』(日本テレビ系)を降板することが、12月19日に発表された。問題となったのは、ご存知、今年5月にネット上に流出した未成年女性との「飲み会コール音声」を「週刊文春」(文藝春秋)が詳しく報じたことである。

 本来なら、活動自粛と同時に番組降板となるのが自然な流れであり、この不思議なタイミングでの降板決定には「契約上の都合」や「事務所と日テレの調整」など、さまざまな理由がウワサされている。

 だが、改めて振り返ると、「一時活動休止」といっても、休んだのはたった20日間だけ。一般社会人からすると、むしろ贅沢で恵まれた長い夏休みにしか見えないユルイ自粛である。

 さらに、未成年との飲み会に一緒に参加し、イッキコール現場に居合わせていた加藤シゲアキに至っては、自粛もなく、7月期ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』(日本テレビ系)に主演するなど、全くお咎めなし。さらに24日には主演ドラマ『犬神家の一族』(フジテレビ系)の放送も決まっている。

 挙句、毎年恒例となっていたKinKi Kidsのカウントダウンドームコンサートが今年は休止になったことから、その「代役」として、どういうわけかNEWSが単独のカウントダウンコンサートを行うことが決定。これには「よりによってそこかよ!?」と盛大にバッシングの声が上がっていた。

 それにしても、なぜNEWSが、こうも押され続けるのか。手越祐也の女性問題などがたびたび報じられることに関しては、もはや「写真週刊誌の不定期連載」としてファンも一般層も、咎めも、驚きもしないだろう。しかし、グループの4人中3人が「問題児」という異例の状態でありながらも、事務所にプッシュされ続ける理由は何なのだろうか。

 ある芸能記者は言う。

「手越くんが、ジャニーさんとメリーさん両方のお気に入りだというのは、以前からずっと言われてきました。でも、それよりも今、ジャニーズ事務所がなんとか必死で売ろうとしているのは、実は加藤シゲアキくんなんですよ」

 加藤の演技仕事は、お世辞にも高い評価を受けているとは言えず、先の主演ドラマにおいても「主演がいちばん棒」などとネット上で多数の批判をされていた。

 それでもなおクリスマスイブのスペシャルドラマ主演というのは、確かに猛プッシュである。では、なぜ加藤を押しているのか。


12

小山慶一郎『news every.』降板発表の怪……なぜNEWSだけ、ここまで押されるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...
写真