日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ辛口研究所  > なぜNEWSはここまで押されるのか
テレビ辛口研究所

小山慶一郎『news every.』降板発表の怪……なぜNEWSだけ、ここまで押されるのか

「ジャニーズとしては『初めての小説家』ということで、もっと本格的に売り込んでいきたいようです。雑誌の表紙等で他のグループ・個人を依頼したときにも、『それよりも加藤シゲアキ、あるいはNEWSを』と事務所側から提案されたなんて話もよく耳にしますよ」(前出の芸能記者)

 他のタレントに依頼したときに、別のグループや個人を提案されることなんてありえないと思う人も多いかもしれない。しかし、あるジャニーズ御用達雑誌の記者は言う。

「アイドル誌、女性ファッション誌、女性週刊誌、一般週刊誌など、ジャンルを超えて同じ人物が同時期に表紙を飾るというのは、よくあることですよね。このところ滝沢秀明がすべての雑誌の表紙をジャックしているように、基本的に主演映画や主演ドラマ、ツアー、CDリリース等の告知のタイミングで出るのは、テレビ出演と同じですが、どの時期に出るか、つまり取材を受けるかを握っているのは事務所ですから。特に、毎号ジャニーズが表紙を飾っている雑誌に関しては、直前にならないと表紙は誰になるか決まらず、事務所のほうから『●●を』と提案、あるいは指示してくることが多いんですよ」

 そう思うと、もしかしたら小山の「活動自粛」と「キャスター降板」を同時に決定しなかったのも、いったん「保留」状態で世間の目を逸らすことで、NEWSへのダメージを減らすため、さらには飲酒問題で同席していた加藤に向く視線を逸らすためだったのではないかという気もしてくる。

 ともあれ、今後もNEWSがますますプッシュされるであろうことが、容易に想像される事態なのだった。

最終更新:2019/01/31 17:20
12

小山慶一郎『news every.』降板発表の怪……なぜNEWSだけ、ここまで押されるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真