日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 猪マンガの”お約束”って?
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

最後は”おいしくいただく”のがお約束!? 2019年に読みたい「イノシシマンガ」6選

■『鬼滅の刃』

鬼滅の刃』(吾峠呼世晴/集英社)

 最後にご紹介するのは、「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載中で、来年アニメ化も決定している作品『鬼滅の刃(きめつのやいば)』です。

 時は大正時代、炭売りの少年、炭治郎の家族がある日、何者かに皆殺しにされてしまいま。唯一、生き残った妹・禰豆子(ねずこ)は「鬼」に変貌してしまっていました。妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を倒すため、炭治郎が修行の旅に出るというストーリーです。

 鬼にかまれるとかまれた人間も鬼になってしまうという、いわゆるゾンビ感染系マンガと似ている設定なのですが、イノシシの扱いは、ほかのマンガとは全然違いました。

 単行本3巻から登場し、主人公・炭治郎とともに鬼と戦う、嘴平伊之助(はしびらいのすけ)というキャラクターがいるのですが、イノシシに育てられ、イノシシのマスクをかぶって獣のように戦うのです。他の作品では狩られたり鍋にされたりする運命だったイノシシが、この作品では一躍準主役級のポジションに。まさに、マンガ界におけるイノシシのイメージを覆す、期待の新星といえる存在でしょう。

***

 今年の干支「亥」にちなんでイノシシマンガを紹介しましたが、いかがだったでしょうか? イノシシマニアにはたまらない特集だったと思いますが、問題はこのコラムを読む人の中に猪マニアなんているのか、というところです。今年もこんな感じでマンガをご紹介していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

(文=「BLACK徒然草」管理人 じゃまおくん <http://ablackleaf.com/>)

◆「ザオリク的マンガ読み」過去記事はこちらから

最終更新:2019/11/07 19:27
123

最後は”おいしくいただく”のがお約束!? 2019年に読みたい「イノシシマンガ」6選のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

板橋大山が再開発事業でさらに変わる!?

 東京都板橋区に位置する大山は下町風情と昭和の...…
写真
インタビュー

高畑勲、宮崎駿も闘った東映動画労使対立の真相

 大塚康生、高畑勲、宮崎駿、幾原邦彦、細田守といったアニメーターや演出家を輩出し...
写真