日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 男なら絶対落ちるピュア告白
36歳未婚彼女ナシ男の『あいのり』レビュー

男なら100%落ちる! “22年間彼氏ナシ”女子のピュアすぎる告白にもだえる

人気恋愛ハウツーブログ「ハッピーエンドを前提として」(https://www.zentei-happy-end.com/)のウイさん(36歳未婚彼女ナシ)が、青春時代に夢中になった『あいのり』の新シリーズをウォッチ! 

<※これまでのあらすじはこちらから>

 嫌な予感が的中してしまいました。

 Twitterで『あいのり』を見た人の「感動した‼」というコメントを見かけてしまってから、なんとなくこの展開は予想していたんです。

 前回のレビュー(参照記事)で期待していた、鈴木亮平似の甘めのしょうゆ顔大学生・ みゃんまーがワゴンを降りてしまったのです。できれば、あの笑顔でサディスティックな恋愛をしてほしかった。告白してくる女子を次々に振り、それでもニコニコとする姿をずっと見せてほしかった。しかし、そのみゃんまーが“22年間彼氏ナシ”ユウちゃんの告白にOKを出して、あっさりと『あいのり』を卒業してしまったのです。

 でも、いい。いいんだ、みゃんまー。許す。あれにはかなわない。あんなことされたら告白をOKするもんな。逆に、気持ちよくお別れができた。それくらい、あきらめがつくエンディングでした。

 みゃんまーはまだ大学生ですが、たぶん比較的たくさんの恋愛を楽しんできたはず。しつこいようですが、笑顔が最高で、ルックスもスタイルもいいし、落ち着いている。ちょっと変なロゴが付いたTシャツを着ていて、抜け感もあります。モテないわけがない。そして、そんなみゃんまーを落としたのは、これまで恋愛経験のないユウちゃんでした。

 男性が女性を選ぶ判断基準は、なんでしょうか? ルックス? スタイル? いや、それは間違いなく「自分への愛情」です。特に、これまでたくさんの恋愛をしてきた男性は「自分への愛情」を優先順位の一番に置きます。ユウちゃんは、この「愛情」を「ピュア」という武器で、最高の形で伝えることができたからこそ、みゃんまーを落とすことができたのです。告白前から自信がないとメソメソと泣き、告白時には手にカンペを書いてくる。しかも、岐阜でペットショップの店員をしている。これだけで彼女の「ピュア」さが痛いほど伝わってきます。なぜか脛が傷とアザだらけなのもグッときます。

 そんなユウちゃんが、ストレートに「好き、大好き」と伝えたのです。落ちないわけがありません。みゃんまーは確かな「自分への愛情」を感じたはずです。でっぱりんの前で、あれほどダメ出しを受けまくったでっぱりんの前で、でっぱりんでは絶対に落とすことができないであろう男を落としたのです。いや、でっぱりんがいたからこそ、ユウちゃんのピュアさが引き立っていたのかもしれません。

 伝え方、緊張の伝わる立ち振る舞い、ストレートな言葉。完璧な告白でした。あっぱれ以外のコメントがありません。好きな人がいる人、告白を考えている人は、ユウちゃんの告白は必見です。処女だからピュアさが出せるのでしょうか? そんなことないはずです。ユウちゃんのような真っ白なキャンバスを持たない大人だって、無駄なプライドさえ捨てればできるはずです。


12
こんな記事も読まれています

男なら100%落ちる! “22年間彼氏ナシ”女子のピュアすぎる告白にもだえるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真