本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

志村けん69歳誕生日に“サプライズ発表”ある!? 「加藤綾子ではない新彼女」公表か

志村けん

 来月2月20日に69歳の誕生日を迎える、お笑い界の大御所・志村けん。当日は多くの芸能人を招いての誕生日会が恒例となっているが、今年はこの場で志村から“サプライズ発表”があるかもしれない、という情報を入手した。

「どうも新しい彼女ができたみたいで、最近では外での酒を控えて、彼女と自宅で飲むことが多くなったようです。2月の恒例の誕生会で、関係を公表するかもしれませんよ」(某番組プロデューサー)

 志村の女性関係といえば、“カトパン”ことフリーアナウンサーの加藤綾子を真っ先に思い浮かべる人も少なくないだろう。

 これまで加藤が、明石家さんまから長らく、冗談とも本気ともつかないラブコールを送られ続けていたことは有名だが、昨年5月、フジテレビの特番でさんまが「(加藤と)付き合いたいし、抱きたい」と公言。これを受けて、加藤がプライベートでの交際はハッキリと断ったというが、その後、さんまに代わって活字メディアで浮上していたのが、志村の名前だった。

 ある週刊誌では、“5年前に志村が加藤にプレゼントとして5億円、妻手当として月500万円の条件でプロポーズしたものの、彼女は返事を保留したまま”と報道。昨年10月には、「肝硬変の疑いがある」と報じられた志村を心配して、加藤が連絡を取ったことをきっかけに、志村が再プロポーズ。健康不安を抱える志村は全財産を彼女に譲るつもりで、これを加藤が受けたようだ……という情報がまことしやかに流れていた。

 その後、11月18日には、加藤が自身のインスタグラムに、ティファニーのペアカップの写真をアップ。ハッシュタグに「大切な人へのプレゼント」と書き込んだことで、「やはり、志村からのプロポーズを受けたのか!」とSNSが盛り上がった。

 ところが、志村けんの飲み仲間でもある前出の番組プロデューサーは、「志村から加藤の名前が出たことは一度もない」と断言。それどころか、肝硬変などといった健康不安も「ないでしょう」と一笑に付す。

「確かに最近、(志村は)外ではあまり飲まず、飲んでも酒量が減っているかもしれません。ただ、自宅では相変わらず飲んでいますからね。過去にも似たようなことが何度かありましたが、そういうときは決まって、新しい女ができて、自宅に呼んで飲んでいるんですよ(笑)」(同)

 結論からいえば、加藤は、志村の新しい彼女の“隠れ蓑”状態になっているということだが、マスコミにおもしろおかしく志村との関係を報じられる。しかも、“5億円プロポーズ”などと伝えられるのはさすがに加藤もいい迷惑だろう。

 2月末に行われる志村の誕生日会は、そんな“熱愛疑惑”を晴らす良い機会にもなりそうだが、果たしてマスコミを驚かせる“サプライズ発表”はあるのか、注目したい。
(文=本多圭)

最終更新:2019/01/15 11:13

志村けん69歳誕生日に“サプライズ発表”ある!? 「加藤綾子ではない新彼女」公表かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真