日刊サイゾー トップ > 社会  > ソース臭漂う「月島」の再開発問題

どんどんダメな街になっていく……ソースの匂いがする「月島」の自滅

文=昼間たかし

※イメージ画像

 本当に、来年東京オリンピックが開催されるのか? 都内のあちこちをウロウロしていても、なかなか実感が湧かない。前の東京オリンピックの時は、こうじゃなかっただろうに。

 首都高はできるし、どんどん鉄筋コンクリートのビルはできるし。その建て替えくらいしか行われていない今回は、いまいち世の中の変化が感じられない。

 でも、湾岸エリアは別だ。移転によって豊洲市場が開場してから、徐々に人の流れが変わっているように思える。晴海どころか有明あたりにもマンションは増えた。ただ、このマンション周辺、なんとか徒歩圏のゆりかもめやりんかい線を除けば、交通機関はバスだけ。離れ小島に無駄に大きなマンションだけが増えているというのが正直な印象だ。

 そんな湾岸部のマンション建設ラッシュは、さらに拡大している。もともと倉庫街だった勝どきはマンションだらけになっている。そして、月島も、である。

 月島といえば、商店街にソースの香りが漂う、もんじゃ焼きの聖地。いまだ、もんじゃ焼きが美味いかと聞かれれば「?」マークが点灯する筆者。でも、需要は多いようで有名店の前には平日でも行列が当たり前だ。

 下町風情の残る、もんじゃ焼きの街として長らく観光地となってきた月島。だが、そこにも変化が起こっている。それも、考えられない形で。

 なんと商店街の一角が取り壊されて、マンションの建設が始まっているのである。寂れた地方の商店街で、アーケードの中にあった店舗が取り壊されて、マンションになっている風景は珍しいものではない。だが、月島はちょっと違う。下町の情緒を売り物にしている街で、店舗がゴソっと消滅し、マンションへと変わろうとしているのだ。

 それも、商店街の端のほうとかではなく、ちょうどド真ん中で。これまで下町風な古さと、もんじゃ焼きでムードを保ってきた月島。それも、いよいよ終わり始めているのか。

 自ら望んで、街の終焉へとひた走る月島。久しぶりに訪れて、もうこの街には用はないと思ったのであった……。
(文=昼間たかし)

最終更新:2019/02/04 23:00

どんどんダメな街になっていく……ソースの匂いがする「月島」の自滅のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家に嫁いだ悲劇の皇女・和宮物語

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真