日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 『KOC』にゃんこスターを反面教師に

『キングオブコント』にゃんこスターの悲劇を生まないために、芸人には何が必要なのか?

 コントの日本一を決める『キングオブコント2018』(TBS系)が、22日に放送される。今年は決勝進出者が当日まで発表されないシークレットとされているが、同大会といえば昨年度準優勝を果たした、にゃんこスターの印象が強い。

 コンビ結成5カ月での出場、番組出演時はフリーランス、実はカップルだったといった多くの話題を提供したものの、その後目立った活躍は見ない。

「にゃんこスターが消えてしまったのは、やはりトーク力のなさが大きな原因ですね。交際歴がコンビ歴でもあるため、主たるトークの内容がノロケ話しかありませんでした。さらにテレビ出演に慣れておらず、アドリブ的な返しもできませんから、徐々にテレビからフェードアウトしていきました。現在アンゴラ村長がYouTubeチャンネルを開設していますが、それほど話題にはなっていません」(放送作家)

 さらに、にゃんこスターはその後の振る舞い方も失敗してしまったといえる。

「アンゴラ村長が、過去に発言していた勘違い系ツイートの内容が発掘されてしまったのです。やはり、無名の新人が派手に登場すれば、当然ネット検索はなされますから、そうした黒歴史に対する対策は必要ですね。あからじめ削除しておくのか、それとも隠さずにぶっちゃけるかの二択です。むしろ芸人としては後者の方がオイシイといえるかもしれません。アンゴラ村長も、性格の悪さに開き直るといったことがあれば、別の道も開けたかもしれませんが……」(同)

 にゃんこスターはコンビ歴の浅さゆえに、リズムネタしかストックがなかったのも災いした。『キングオブコント』は世に出るひとつのきっかけにすぎない。その後、コンスタントに活躍を続けるには、芸人としての体力が求められるのは確かだろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/09/22 08:00
こんな記事も読まれています

『キングオブコント』にゃんこスターの悲劇を生まないために、芸人には何が必要なのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真