日刊サイゾー トップ > 芸能  > 浜崎あゆみに誰も気づかず……

浜崎あゆみ、お忍び原宿散策! “平成の歌姫”を若者は見つけてくれず、一般人と同じ扱いに……

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

浜崎あゆみ公式Instagramより

 歌手の浜崎あゆみが、2月11日、自身のInstagramのストーリー機能に画像を投稿し、現在世間をザワつかせている。

 この日、原宿のクレープ屋に並ぶ自身の姿を「クレープに並んでるやーつ むえっちゃさむいやーつ」というコメントを添えてストーリー機能に画像を投稿した浜崎。顔が切れているために確認はできないが、男性らしき人物の肩に顔を乗せ、お忍びで訪れた原宿を存分に楽しんでいる様子がうかがえる一枚。そんな一枚に、ファンからは「あゆがふつーに東京に出没!! すごい!!」「オーラがあるのに気づかれないなんてすごい」と、ばれていないことに驚きの声が殺到していた。

 しかし、その一方で、かつては多くの取り巻きを引き連れていた浜崎が、男性とたった2人で行動していたことに、「昔だったらSPの人達がいっぱいいたのにね~」と皮肉めいたコメントが集まり、さらに「原宿にいるような若い子たちはayuをよく知らないでしょ」とばれなかった理由は浜崎がオワコンだからとの指摘も上がりネットは失笑の嵐に。また男性とのツーショットに「また匂わせ?」と呆れる声も聞こえていた。

「ちなみに、浜崎さんは13日には、原宿の街をバックに一般人に紛れ佇んでいる自身の写真をInstagramに公開しましたが、こちらも気づかれている様子は皆無。『l’m living in Tokyo as just a girl(私は東京に住んでいるただの女よ)』とコメントを添えていましたが、添えなくてもよかったような気が(笑)。書かなくても一般人化しているのがわかり、ちょっといたたまれなかったですよ。この反応をみると、平成の終了とともにあゆもオワコンとなるのかもしれませんね」(芸能記者)

 最近は本業である歌手活動よりもInstagramに高級ブランド品を投稿するなど、豪華な私生活ばかりが注目され、『ブランド自慢ばかり』と厳しく批判されてしまう浜崎。かつては“女子高生のカリスマ”とも言われていたが……。


12
関連キーワード

浜崎あゆみ、お忍び原宿散策! “平成の歌姫”を若者は見つけてくれず、一般人と同じ扱いに……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

今日はお笑いの日!

お笑いコラムを一挙放出!
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

劇作家が語るコロナ禍と誤解

 新型コロナウィルスの影響によって、音楽ライブや演劇といったライブパフォーマンスが危...
写真