日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 丸一日勃起が収まらず、緊急入院

睡眠薬を飲んでSEXしたら……丸一日”勃起しっぱななし”で緊急入院!

イメージ画像

 年を取ったオッサンには、もうそんなことは起こらないだろうが、若いうちはちょっとした刺激でもすぐに勃 ってしまう下半身。とはいえ、ヌイてすっきりすれば、とりあえずは収まってくれるものである。

 ところが、射精した後も勃起が収まらず、そのまま24時間以上勃ちっぱなしになるという、恐ろしい症状が発生することもある。

 台湾南部の高雄市に住む21歳の青年が、先月末に彼女とSEXしたところ、それから24時間近くたっても勃起が収まらず、病院に駆け込んだ。

 医師の診断によると、これは持続勃起症と呼ばれる陰茎の障害で、治療が遅れていたら一生勃起しなくなる恐れもあったという。

 持続勃起症とは、 その名の通り、勃起状態が長時間続くもので、血液系の病気 や外傷、炎症などにより陰茎の海綿体で血液が循環しなくなることによって起こる静脈性と、海綿体内の動脈が破れたことによって起こる動脈性がある。特に静脈性のほうが危険で、放っておくと海綿体の組織が壊死して、勃起不全に至ることもある。

 一方、青年の場合はこのところよく眠れず、睡眠薬を服用していたといい、これが原因だったとみられる。一般的に睡眠薬を飲むと勃起しにくくなるといわれているが、青年の場合は、なんらかの理由で、それが逆の形に作用したものと思われる。

 1日に何回も勃起してしまうことは珍しくないが、もし数時間も勃起しっぱなしの状態が続いたら、すぐにでも病院に駆け込んだほうがよさそうだ。

(文=佐久間賢三)

最終更新:2019/02/19 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

睡眠薬を飲んでSEXしたら……丸一日”勃起しっぱななし”で緊急入院!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

オタク議員・荻野稔氏辞職へ

 年の瀬に、大変なニュースが飛び込んできた。コミケにサークル参加したり、コスプレを用い...
写真