日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 男性の喉に10センチのヒルが寄生

原因は生水か? 全長10センチのヒルが喉の中で2カ月間にわたって生息!

文=佐久間賢三

中国では、体内からヒルが出てきたという事件がたびたび起こっている

 中国では一般的に、水道水をそのまま飲むことはしない。必ず煮沸してから冷ましたものを飲むか、ペットボトルに入った水を購入して飲むのが普通だ。

 それは、水道水が日本のように清潔ではないことに加え、中に何が入っているかわからないからでもある。実際に筆者が現地に住んでいたときも、水道の蛇口から水を出したら、シンクに小さなミミズのような生き物がウネウネしていたことがある。

 四川省宜賓市に住む男性・李(60)さんは、この2カ月ほど原因不明のせきに悩まされていた。しかも喉が異様にかゆく、せき込むと同時に血を吐くほどだった。

 病院に行って診察を受けたものの、原因がわからない。そこで今度は漢方医療の病院へ行ったところ、ようやく原因が判明した。李さんの気管の表面に、なんとヒルが吸いついていたのだ!

 そのままでは取り出すのが困難だったことから、医師はまず鎮静剤を噴霧してヒルの動きを止め、鉗子を使って喉から取り出した。出てきたヒルは、全長10センチもあったという。

 農村に住む李さんは水を煮沸することなく飲んでいたとみられ、水の中に紛れ込んでいたヒルの卵が李さんの体内に入り込み、喉で卵がかえって、そこで成長したと推測されている。

 そして2カ月ほどの間、ヒルは李さんの血を吸い続け、10センチにまで大きくなったわけである。

 中国ではゆめゆめ、生水を飲んではいけないのである。

(文=佐久間賢三)

最終更新:2019/03/06 21:00
関連キーワード

原因は生水か? 全長10センチのヒルが喉の中で2カ月間にわたって生息!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

堤真一演じる”平岡円四郎、実はコミュ障

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

『ラップスタア誕生』唯一の女性ファイナリスト

 日本で一番ホットな若手ラッパーを選抜するオーディション番組『ラップスタア誕生』にて...
写真