日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > もうひとりの「令和芸人」はRG?

もうひとりの注目「令和芸人」は、レイザーラモンRG?

文=平田宏利

もうひとりの注目「令和芸人」は、レイザーラモンRG?の画像1

 1日昼に新元号となる「令和」が発表された。これを受け、メイプル超合金のカズレーザーが本名と同じ文字を持つと話題になっているが、もうひとりの注目「令和芸人」はレイザーラモンRGだろう。

 レイザーラモンRGは1日朝に「新元号早く言いたい。」のツイートともに、クリップボードに「平成」と書かれたコピー用紙の写真をアップロード。これはRGお得意の「ひたすら引き伸ばすあるあるネタ」にならったものだ。

 続いて、お昼に新元号が発表されると「平成元年 略してHG 令和元年 略してRG レイザーラモンはレイワーラモンに改名します。」とツイート。ただハッシュタグには「#エイプリルフール」がつけられており、もちろんネタなのだが、ネット上では一部で、「令和」の頭文字がRであることから「令和18年が18禁を示すR18と重なる」ネタが話題になっており、「令和元年=RG」といった声が上がっている。

 RGはその後、「熊本のJR平成駅に新元号を伝えに来ました! 奇跡の昭和タクシー→平成駅→令和!」の文字をツイート。たまたま熊本にいたとは考えにくく、これはあからじめリサーチしたものだろう。それぞれに完成度の高い平成、令和ネタを披露している。

「レイザーラモンは、大学のプロレス研究会の仲間だったHGと1997年に結成されたコンビです。2005年ごろに相方のHGがハードゲイネタで一足先にブレークを果たし、RGも『じゃない方芸人』『二番煎じキャラ』で地味に活躍していましたが、音楽への造詣の深さを活かした『あるあるネタ』でブレークを果たし、現在まで息の長い活躍を続けています。ただ、『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)では14年の準優勝が最高位であり、なんとか優勝を狙いたいところでしょう」(業界関係者)

 くしくも『R-1ぐらんぷり』の頭文字も「令和」に同じくRである。ツイートの通り、令和元年はRGにとって正念場となるかもしれない。

(文=平田宏利)

最終更新:2019/04/01 18:30

もうひとりの注目「令和芸人」は、レイザーラモンRG?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真