日刊サイゾー トップ > その他 > 雑誌『サイゾー』  > 情弱ビジネスのカラクリ/佐山彩香が挑む10年目の“新境地”グラビア

情弱ビジネスのカラクリ/佐山彩香が挑む10年目の“新境地”グラビア

【第1特集】
情弱ビジネスのカラクリ

ネットが当たり前の時代になってから目にする機会が増えた「情弱」の2文字。「この商品を買った人はこんな商品も」というリコメンド広告に踊らされることも、携帯ショップで店員にすべてを委ね無駄なオプション契約をすることも、むやみやたらに占いを信じ切ってしまうことも、果たして情弱と言われてしまうのか? 今特集では情弱を軸としたビジネスの“闇”を暴いていきたい。

【目次】
■震災後に記事が増えた!? “情弱”という言葉の時代的変遷
■欅坂46も“無断”で登場「あなたにおすすめ」広告の闇
■カモはLINE@で1本釣り! 進化する情報商材の【危】落とし穴
■年配客にオプション付けまくり!? 携帯ショップ店員【秘】座談会
■口コミサイトはサクラばかり! 化粧品をめぐる情報戦
■SNSがスポンサード投稿だらけ? 海外インフルエンサー事情
■計算高き天才か、ただの天然か――カニエ・ウェスト“情弱”論考
■アポ電強盗、オレオレ詐欺ほか裏稼業における情弱の現実
■ガチャトラブルも馬耳東風? ソシャゲ開発者匿名座談会
■相談者が依存、モンスター化も…占いとの“統計的”付き合い方
■情弱を認めればダマされない?「不動産投資」の誇大営業手口
■景表法違反は“やり得”だった!? 消費者庁の歪な構造

【第2特集】

デビュー10周年記念! 佐山彩香が挑む10年目の“新境地”グラビア

今年9月でデビュー10周年を迎え、本誌13年の通算200号記念号の表紙以来の登場となる佐山彩香ちゃん。当時19歳だった彩香ちゃんも、今や色気たっぷりの25歳の大人の女性に。今特集にちなんで、情報弱者とならない強さと美しさ、そしてエロさを打ち出すグラビアに挑戦!


【P様の匣】

【宮本茉由】

美人バー店員役を演じる女優の学生時代はダサかった!?


〈News Source〉

  • ジャニーズタブーに公取がメス!? 元SMAPが地上波復帰する日
  • 有力議員にも波及「東京福祉大学」留学生“行方不明”問題の闇
  • 韓国社会を揺るがすBIGBANG性接待疑惑とエイベックスの責任

今月号のプレゼント応募はこちら

最終更新:2019/04/18 00:00
こんな記事も読まれています

情弱ビジネスのカラクリ/佐山彩香が挑む10年目の“新境地”グラビアのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

 大食い番組全盛時代、フードバトルでモンスターと恐れられた男、ジャイアント白田。なぜ...
写真