日刊サイゾー トップ > 芸能  > 内山理名“月9”復帰に見る台所事情

内山理名、19年ぶりの“月9”復帰に見る所属事務所の「厳しい台所事情」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

内山理名、19年ぶりの月9復帰に見る所属事務所の「厳しい台所事情」の画像1
内山理名

「19年ぶりの“月9”出演となりましたが、乳がん患者という難しい役回りも難なくこなしてましたね。あれだけの演技を見せられたらまたゴールデン帯でドラマ出演の話も増えてきそうですよ」(芸能事務所関係者)

 窪田正孝主演の月9ドラマ『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)で、19年ぶりに“月9”に出演した内山理名。

「清純派で売り出した彼女も37歳になり、今また肌の露出を解禁するなどして、再び勢いを取り戻しています。前クールの『フルーツ宅配便』(テレビ東京系)でのデリヘル嬢役なんかは、以前の彼女であれば事務所も本人も断っていたでしょうね。今は稼ぎ頭だった堀北真希が退社して桐谷美玲も結婚したことで彼女が文字通り体を張らないといけないでしょうからね」(テレビ局関係者)

 事務所の台所事情も相まって内山に掛かる期待は大きいという。

「昔から元カノ役とか重い女の役が多かったこともあって、今回のように薄幸の役をやらせたら彼女の右に出る人はなかなかいないですね。キャスティングのライバルとなる池脇千鶴さんや佐藤江梨子さんも年齢とともに劣化してますが、内山さんは昔と変わりませんからね。一昨年には『マチ工場のオンナ』(NHK総合)で主演を務め、倒産寸前の工場再建に奮闘する女社長役を演じ評判は悪くはなかったのですが、やはりどこか影がある役の方が評価は高いですね。映画でも話題性があれば脱ぐ可能性もあると思いますよ。事務所も若手が育つまでは内山さんに引っ張ってもらわないといけないでしょうからね」(ドラマスタッフ)

 看板女優の復活となるか――。

最終更新:2019/05/20 19:30

内山理名、19年ぶりの“月9”復帰に見る所属事務所の「厳しい台所事情」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

騒音おばさん『ミセス・ノイズィ』

 ご近所トラブルを題材にした映画に、クリント...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真