内山理名、19年ぶりの“月9”復帰に見る所属事務所の「厳しい台所事情」

2019/05/20 19:30

内山理名

「19年ぶりの“月9”出演となりましたが、乳がん患者という難しい役回りも難なくこなしてましたね。あれだけの演技を見せられたらまたゴールデン帯でドラマ出演の話も増えてきそうですよ」(芸能事務所関係者)

 窪田正孝主演の月9ドラマ『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)で、19年ぶりに“月9”に出演した内山理名。

「清純派で売り出した彼女も37歳になり、今また肌の露出を解禁するなどして、再び勢いを取り戻しています。前クールの『フルーツ宅配便』(テレビ東京系)でのデリヘル嬢役なんかは、以前の彼女であれば事務所も本人も断っていたでしょうね。今は稼ぎ頭だった堀北真希が退社して桐谷美玲も結婚したことで彼女が文字通り体を張らないといけないでしょうからね」(テレビ局関係者)

 事務所の台所事情も相まって内山に掛かる期待は大きいという。

「昔から元カノ役とか重い女の役が多かったこともあって、今回のように薄幸の役をやらせたら彼女の右に出る人はなかなかいないですね。キャスティングのライバルとなる池脇千鶴さんや佐藤江梨子さんも年齢とともに劣化してますが、内山さんは昔と変わりませんからね。一昨年には『マチ工場のオンナ』(NHK総合)で主演を務め、倒産寸前の工場再建に奮闘する女社長役を演じ評判は悪くはなかったのですが、やはりどこか影がある役の方が評価は高いですね。映画でも話題性があれば脱ぐ可能性もあると思いますよ。事務所も若手が育つまでは内山さんに引っ張ってもらわないといけないでしょうからね」(ドラマスタッフ)

 看板女優の復活となるか――。

最終更新:2019/05/20 19:30

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む