日刊サイゾー トップ > 芸能  > 川栄李奈が「ナマ」を許したワケ

川栄李奈がCM女王なのに「ナマ」「中」を許したワケ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

川栄李奈 公式インスタグラム(@rina_kawaei.official)より

 電撃デキ婚も“必然”だったかもしれない。

 5月17日、舞台『弱虫ペダル』や映画『刀剣乱舞』などに出演する2.5次元俳優・廣瀬智紀との入籍を発表した元AKB48・川栄李奈。超売れっ子タレントの突然のニュースに、世間からは驚きと戸惑いの声が上がっている。

「2人は昨年10月に共演した舞台『カレフォン』をキッカケに交際をスタート。しかし、付き合ってすぐに妊娠していることから、『あんなにCM出てるのに避妊しないんだ!?』『下半身が奔放だったとは意外』『さわやかなイメージが崩れた』と、一部では川栄が『ナマ中出し』を許したことに対するプロ意識のなさを指摘する声も出ています」(芸能ライター)

 そんな川栄が過去にインタビューで自身の“ある性格”を明かしており、それがデキ婚につながった可能性があるという。

「インタビューで男友達から告白されたらどうするか聞かれた川栄は、『もしかしたら、断れないかもしれないですね~』と語り、押しに弱いことを明かしていました。彼女いわく『相手の人のことを気にしちゃうところがある』そうで、洋服を買いに行って店員に勧められて試着したら絶対買ってしまうのだとか。『断ったらなんか、かわいそうって思っちゃうんです』とも語っていましたから、今回も彼氏である廣瀬から『ナマ』と『中』を懇願されて、仕事的にはまずいと思いながらも許してしまったのかもしれません」(同)

 頼めば拒めない“女神”だとわかっていれば、「俺も口説いていたら……」と悔しがる男たちはたくさんいそうだ。

最終更新:2019/05/23 12:18

川栄李奈がCM女王なのに「ナマ」「中」を許したワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真