ドランクドラゴン鈴木拓、相方・塚地との「ギャラ折半解消」発言で判明した“売れっ子金満生活”

2019/06/05 17:58

ドランクドラゴン

 お笑いコンビ、ドランクドラゴンの鈴木拓が5月26日放送の『暇人ラヂオ』(日本テレビ系)で、 相方の塚地武雅との“ギャラ折半”を解消した経緯を明かした。

 かつてはピンでの仕事もコンビのときと同様に塚地とギャラを折半していたという鈴木だが、塚地が役者としてブレークしたことによって、自身に仕事がない時期も収入が急増することもあり、「株が当たったみたいなもので不労所得」と表現した。その後、 周囲から「塚地さんが働いた金で生活している」との批判もあり、鈴木のほうから折半の解消を塚地に提案。だが、このときはマネージャーから「今の給料が5分の1になるけどいいのか?」と知らされ、すぐに折半解消を撤回してしまう。結局、折半が解消されたのは今から8年前だが、「でも、今はまたギャラ折半に戻りたいと思っていますよ。あの人、CMもやってるからな」と後悔も口にしていた。

「ドランクドラゴンは2012年まで放送された『はねるのトびら You knock on a jumping door!』(フジテレビ系)で、共演のキングコング、ロバート、インパルス、北陽とともに大ブレーク。もっとも、鈴木だけは例外で同番組でも出番が極端に少なく、その間に相方の塚地が『裸の大将放浪記』(同)で主人公の山下清を演じるなど、役者としても人気を得るようになり、コンビ間の格差があらわになってきました。塚地がドラマにバラエティにフル回転する一方、仕事がなかった鈴木はギャラが折半だったので何の憂いもなく、趣味の釣りに興じる毎日だったそうです」(芸能ライター)

『はねトび』で一躍、人気芸人の仲間入りした出演陣だったが、番組終了とともにその勢いが失速。キングコングは西野亮廣が絵本作家といったクリエーターに、梶原雄太がユーチューバーとしてそれぞれ活動するなど、テレビのお笑いから次第にフェードアウト。インパルスは堤下敦の相次ぐ不祥事により、板倉俊之のピンで活動が目立つようになる。北陽は虻川美穂子と伊藤さおりが2人とも結婚・出産したこともあり、活動をセーブ。ロバートは、お笑い芸人として気を吐いているのは秋山竜次のみ。ドランクドラゴンも、役者の塚地をテレビで見かける機会がかつてほどない。ほとんどのはねトびメンバーが露出を減らす中、彼らとは反比例するかのように露出を増やしているのが鈴木だ。

「ここ4〜5年、ずいぶんバラエティ番組で目にするようになりました。もはや売れっ子の1人でプチブレークと言っていいでしょう。ネタも書かないし、セリフ覚えも悪い上、華もない。テレビ出演は塚地のバーターぐらいしかなかった“じゃないほう芸人”の代表格だった男が、いまや独特の毒舌でクズ芸人として人気を博しているのだから、世の中わからないものです。そもそも仕事に対するスタンスも、かつてとは変わってきていますよね。以前は芸能活動自体に消極的で、できるだけ仕事をせずに楽をしてカネを得たいというスタンスでした。しかし、最近は出演番組で積極的に発言するなど、意欲的に芸能活動に取り組んでいる。金まわりもいいようで、売れっ子芸人として金満生活を謳歌しているようです」(同)

 目の色が変わったのは、ギャラが折半でなくなったからか。

最終更新:2019/06/05 17:58

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む