宮下草薙、どこにも馴染めない2人がたどり着いた「ネガティブ漫才」という王道

2019/06/07 14:00

文=西澤千央
撮影=木村心保

 ハナコが「キングオブコント王者」に輝き、霜降り明星が「M-1」を制し……お笑い界を席巻する、20代芸人たち。いわゆる「お笑い第7世代」だ。その中で独特のキャラと立ち位置を築いているのがこの2人、宮下草薙。草薙の燃え上がるネガティブな妄想に、適度に油を注いでいく宮下。「どこにも馴染めなかった」という2人は、お笑いの世界で何を見つけたのか――。

***

――いま最も注目されている「お笑い第7世代」のお2人に、この世代のお笑い観について語っていただこうというのが今日のテーマなのですが……。

宮下 お笑い観……。

草薙 すごい恥ずかしいやつ……。

――確かに。これはやめときましょう。出会いは養成所で、でも宮下さんはピンで、草薙さんはコンビで活動されてたんですよね。

宮下 僕は「養成所内で間違いなく自分が一番面白い」と思ってたんですけど、最初に草薙を見た時に「あ、売れるのってこういうやつだな」って。自分みたいな尖ってるタイプより、こういう本当にキャラの強い人が売れると。まぁ、掘ってみたらすごいセンスもあったんで。でも、本人はセンスを前に出したりするタイプじゃなかった。今って「カリスマが売れない」時代じゃないですか。たぶんこういう人だからこそ、時代とマッチしてるんじゃないかと。

草薙 語ってます、語ってますよね。

宮下 仕事だぞ。本当は俺だって言いたくないよ!

――草薙さんも語ってください。

草薙 恥ずかしい。

宮下 こいつマジひどいんですよ、こういうところ。

草薙 だって、僕はもともと『ごっつ』(『ダウンタウンのごっつええ感じ』/フジテレビ系)すら見たことなくて。それこそ『はねるのトびら』とか『爆笑レッドシアター』(同)とかくらいで。相方は志村けんさんから当時の若手まで、全部見てた。

――ミスターストイック。

草薙 組んでからいろいろ見させられて「あ、ダウンタウンさんって漫才やってたんだ」って知りました。

――コンビを組もうと誘ったのは宮下さん?

宮下 そうです。草薙が前のコンビを解散した時に芸人やめそうだったんで、もったいないなと思って。

草薙 前の相方が「モデルの養成所行く」って言いだしたんですよ。

――モデル事務所!?

草薙 芸人にしてはまぁ……シュッとしたほうだったかもしれない。りゅうちぇるさんとかが出てきた時で、モデルだったら売れるって思ったみたい。僕としては……特にやめてもすることなかったんで……じゃあ、もうちょっとやってみようかな、ぐらいで。

――宮下さんは、お笑いに関してめちゃめちゃストイックじゃないですか。そのあたり、不安はなかったですか?

草薙 最初は、ずっとケンカしてましたね。全然合わなかったんで。なんかわけわかんない街ブラの練習とかさせられたり。

――街ブラロケの?

草薙 もう5年ぐらい住んでる近所を、初見みたいな感じで歩かされたり。「さまぁ~ずさんを参考にしろ」ってDVD見させられて。

宮下 『モヤさま』(『モヤモヤさまぁ〜ず2』/テレビ東京系)です。

人気記事ランキング

続きを読む