マッチョな女編集長が大活躍! 次世代型編集者マンガ『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』

2019/06/20 13:30

文=じゃまお
講談社文庫『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』

 前回紹介した『マンガに、編集って必要ですか?』(参照記事)は、出版業界を揺るがす過激なタイトルでした。とはいえ、基本的に編集者の仕事ってカッコいいと思うんですよね。最前線で活躍するギョーカイ人って感じで。まあ、職場によってはかなりブラックな仕事みたいですけど、それでも世間一般では編集者っていったら憧れの職業ですよね。名作『編集王』でも「集めて編むのが俺たちの仕事だ」なんて名ゼリフが出てきますけど、カッコよすぎてマジで濡れる。いや尿モレの話じゃなくって。

 今回は打って変わって、文芸小説の編集者がテーマのマンガ『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』を紹介したいと思います。こちらはどっちかっていうと編集者全肯定、出版業界サイコー! 的なアツい……いや、とても暑苦しいテイストで、マッチョな女傑の編集長が、かつてないほどものすごい采配を振るう編集マンガです。

 作者はジェントルメン中村先生。もともとは講談社の文庫情報誌「IN☆POCKET」内に掲載されていた作品ですが、現在は講談社文庫のwebサイト上でバックナンバーを読むことができます。

 豪談社の文芸誌「アウト・ポケット」の女だらけの編集部を舞台に、新人編集者・白柳紀乃子(きのこ)が気難しい小説家先生やクセのある出版業界人たちを相手に毎回奮闘する話なのですが、大ピンチに陥ると助けてくれるのが、我らが女傑“アマゾネス”才堂厚子編集長。

c)ジェントルメン中村/講談社

 このチョモランマ山脈のような上腕二頭筋を持つ女史が才堂編集長です。『北斗の拳』に出てきてもおかしくないラスボス感がスゴい! 本作は、そんな彼女のスゴ腕加減を堪能するマンガと言っても過言ではありません。

 舞台は文学賞の受賞パーティー。華やかな場での豪華な料理……しかし、ここでの編集者たちの重要なミッションはズバリ、受賞者の作家に自分の雑誌で書いてもらう約束を取り付けること――いわば商談の場でもあるわけです。

人気記事ランキング

続きを読む