日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 浜崎あゆみ、熱愛発覚も呆れ声

浜崎あゆみ、20歳下の専属ダンサーと熱愛発覚も呆れ声ばかり「職権乱用パワハラセクハラ」

浜崎あゆみ

 浜崎あゆみが19日、自身のインスタグラムに投稿した内容に批判の声や呆れ声が殺到している。

 現在、全国ツアー『ayumi hamasaki TROUBLE TOUR 2019-2020 A(ロゴ)-misunderstood-』の真っただ中の浜崎。ツアー先や移動中の姿をたびたび投稿して、ファンからも一定の支持を集めている。

 そんな浜崎がこの日の投稿で「本日は静岡公演ーっそして追加公演の情報が来週月曜に解禁決定!!まずはブチ上がるしかないでしょーー」とつづり、ステージ上で天女のような神々しい衣装を身にまとった自身の姿を公開した。

 しかし、19日発売の『FRIDAY』(講談社)に、20歳年下の専属バックダンサー、“ペイ”こと荒木駿平との熱愛スキャンダルをスクープされたばかりの浜崎。ファンからはステージ写真への称賛コメントなどは上がらず、厳しい声ばかりが飛び交っている。

「仕事から帰ってきてお浜の相手するとか イライラするだろうな だから 身内しか相手にしてくれない ダンサーばっかり」

「マジに男漁りの オーディションしたってことだよ 職権乱用パワハラセクハラ」

「息子でもおかしくない年齢だよね ちょっと考えられない」

「あゆちゃん。フライデーのこと説明して欲しいな。以前からみんな気づいてたけどね。女子が嫌がる『匂わせ投稿」ばっかだし。はっきり説明ないのが嫌だし、同じこと繰り返されるのが嫌だなぁ」

「お願いだからライブ前にそれはやめてくれよって話ね……純粋な目でステージ見れない訳です。今更なんやけど」

 以前から、専属バックダンサーとの交際を匂わせていた浜崎。今回のスクープの件に関して、浜崎から何らかの説明が上がらないことにはファンの怒りも収まりそうにない?

 

 

最終更新:2019/07/22 12:05
こんな記事も読まれています

浜崎あゆみ、20歳下の専属ダンサーと熱愛発覚も呆れ声ばかり「職権乱用パワハラセクハラ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「日本人は英語が苦手」とよく言われる。英語の教材を買ったり、英語教室の門を叩いたもの...
写真