日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 浜崎あゆみ、全盛期も称賛なし

浜崎あゆみ、15年以上前の全盛期の姿を投稿するも称賛得られず!?「2000年代で止まってる」「昭和ヤンキー」

浜崎あゆみ公式インスタグラムより

 浜崎あゆみが7月1日、自身のインスタグラムを更新して話題になっている。現在、全国ツアー『ayumi hamasaki TROUBLE TOUR 2019-2020 A -misunderstood-』(※「A」はロゴ)の真っただ中の浜崎。先日の投稿では上下ヴェルサーチの私服コーデを披露したものの、ネット上では「ピコ太郎と完全一致!!」と話題になったばかり。

 そんな浜崎はこの日、「July 1stだね。短い夏が始まって行く️。今年は君といくつの思い出作れるかな。なんて事ない毎日こそが、何よりも素敵だって知ってるから」とつづり、2002年発売のシングル「H」のジャケット写真を掲載した。

 ビキニにデニムを合わせた浜崎が大型バイクにまたがる姿に、ネット上からは「これ見てカッコいいとか思った人居る?ダサっ!としか思わなかった」「何十年前のなの、これ!?って真っ先に思った」「本当に2000年代で止まってるんだね…」「いつまで若い子のファッションアイコンやってるつもりなんだろう…」「昭和ヤンキーにこんなんいっぱいいたわ」などの厳しいコメントが飛び交っている。

 15年以上前の写真をなぜこのタイミングで投稿したのかは不明だが、度重なる加工疑惑に嫌気がさして昔の写真を披露したくなったのだろうか

最終更新:2019/07/03 09:55
こんな記事も読まれています

浜崎あゆみ、15年以上前の全盛期の姿を投稿するも称賛得られず!?「2000年代で止まってる」「昭和ヤンキー」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真