日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 渡辺美奈代、手土産が赤飯で物議

渡辺美奈代、友人への手土産が”タッパーに入れた赤飯”で物議「これは無理」「この時期に?」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

渡辺美奈代公式ブログより

 渡辺美奈代のブログが物議を醸している。

 渡辺は14日にブログを更新し、「お土産に」というタイトルのエントリーを投稿。その中で、「お友達ファミリーのお家に遊びにいくのでお土産でお赤飯!炊きました」と報告しつつ、炊飯器の中で炊きあがったお赤飯の写真や、タッパーに詰められたお赤飯の写真などを披露。「行って来まーす」と結んでいた。

 また、その後のエントリーでは、「お友達のお家でランチ」として、手土産を持って行って友人の家でトマトソースのパスタなどを振るまってもらったことを報告。さらにその次の投稿でも「葡萄ジュースで乾杯」と、ワイングラスに注がれた葡萄ジュースの写真を披露。ランチ会が楽しいものになったことをうかがわせていた。

 しかし、このお赤飯の手土産にネットからは、「赤飯炊いてタッパーにいれてお土産ですって…さすがにいらない」「これは無理」「ランチ出るって分かってるのに手作り赤飯をお土産?しかもこの時期…」「家族にお祝い事があってお裾分けならまだ分かるけど普通手土産にする?」といった声が飛び交っていた。

 友人宅に遊びに行く場合、ケーキなどを手土産に持って行く場合も多いが、まさかの手作り赤飯ということで困惑の声が上がるのも無理なかったか。

 

最終更新:2019/08/19 00:00
関連キーワード

渡辺美奈代、友人への手土産が”タッパーに入れた赤飯”で物議「これは無理」「この時期に?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真