日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『べしゃり暮らし』に感動がない理由

漫才のレベルは飛躍的にアップも……『べしゃり暮らし』に感動がない理由

テレビ朝日『べしゃり暮らし』

 8月17日に放送された『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)の第4話。今回のテーマは「成長」と「中途半端」と「清算」である。

第4話あらすじ

 母・美津子(篠原ゆき子)が過労で亡くなった原因は、上妻圭右(間宮祥太朗)の父・潔(寺島進)の蕎麦店「きそば上妻」を、お笑いコンビ「ねずみ花火」が漫才で貶したことが原因だった。なのに、圭右の姉・しのぶ(徳永えり)と元“ねず花”の根津孝介(田中幸太朗)が交際しているらしい。芸人時代の根津には、女性絡みの悪いウワサがたくさんあった。

 そんな中、久保田はるみ(遊井亮子)に言い寄られる根津の姿を目撃した圭右は、根津をいきなり殴り飛す。しかし、はるみは根津の元マネジャーで、お笑いの世界へ復帰するよう説得していただけだった。根津のゴシップも、ねず花が自ら発信したネタが元になっていると判明。

 美津子が亡くなって以来、美津子への罪悪感にさいなまれた根津はネタをやることが怖くなり、ねず花は解散。根津の元相方・花田稔(駒木根隆介)は「MCフラワー」という名前でピン芸人として活動中だ。根津はあれ以来、美津子の月命日に欠かさず墓参りをしており、花田も潔に謝罪の手紙を何通も送っていた。2人はきそば上妻にそろって謝罪に行き、「いつまでもつまんねえこと言ってんじゃないよ」と潔は2人を許した。

 その後、花田は単独ライブを開催。しかし、かつてより毒がマイルドになった花田のネタを観た潔は「毒舌芸人が遠慮してちゃ売れねえ」とバッサリ。客席にいた根津は花田に直訴し、ねず花は復活漫才をすることになった。ネタは「きそば上妻」を貶した例の漫才で、結果、館内は大爆笑。ネタを観た潔は「今聞けば、こんなネタで店の客が減るようじゃ、俺の精進が足んねえってことだ」とつぶやいた。

 漫才が終わると、根津は舞台上からしのぶにプロポーズ。芸人を引退した根津はきそば上妻に入り、潔の跡取りになるべく修業を開始した。一方、潔は圭右に対し「芸人になることは認めてやる。その代わり、高校卒業したら家を出て行け」と言い渡した。

123
こんな記事も読まれています

漫才のレベルは飛躍的にアップも……『べしゃり暮らし』に感動がない理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真