日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 『火口のふたり』世界の終わりを誰と過ごす?
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.546

最高のセックスパートナーは“いとこ”だった!?  世界の終わりを誰と過ごすか『火口のふたり』

直木賞作家・白石一文の小説の初めての映画化作品『火口のふたり』。いとこ同士の賢治(柄本佑)と直子(瀧内公美)は禁断の世界へ墜ちていく。

 もしも世界が滅亡すると決まったら、最期の日々は誰と過ごすか。いちばん最期のセックスは誰とするか。直木賞作家・白石一文の同名小説を映画化した『火口のふたり』は、そんな問いを我々に投げ掛けてくる。原作では白石の故郷・福岡が舞台だったが、映画では東日本大震災後の秋田に移し替えてある。同じ東北でも太平洋側に比べ、日本海側の被害は少なくて済んだ。安堵感と後ろめたさが混在する地方都市で、人生に行き詰まった男女が刹那的な快楽に溺れる日々を送ることになる。

 この物語の登場人物は2人っきり。青春時代の終わりを描いた主演作『きみの鳥はうたえる』(18)が高く評価された柄本佑、被災住宅で暮らしながら週末だけデリヘル嬢として働く主人公を『彼女の人生は間違いじゃない』(17)で熱演した瀧内公美の2人だけで物語が進む。ロマンポルノ出身、『ヴァイブレーター』(03)や『海を感じる時』(14)が話題となったベテラン脚本家・荒井晴彦が監督も務めている。R18指定の赤裸々な愛の形を描いた官能作だ。

 主人公の賢治(柄本佑)と直子(瀧内公美)は“いとこ”同士。同じ家で兄妹同然に育った仲だった。高校を卒業した賢治は逃げるように、東京の大学へ進学。やがて直子も、東京の専門学校に通い始める。家族の目の届かない東京で、2人は体の関係を結ぶことになる。就職した賢治があっさり結婚し、2人の関係はそれで終わったはずだった。だが、30歳を過ぎた賢治は結婚生活に失敗し、勤めていた会社も退職。東京でプー太郎となっていた賢治は、直子が地元で結婚することを知り、その結婚式に出席するために久しぶりに帰郷する。

123
こんな記事も読まれています

最高のセックスパートナーは“いとこ”だった!?  世界の終わりを誰と過ごすか『火口のふたり』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...
写真