日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 志らく新番組、爆死でも当分は安泰

立川志らく『グッとラック!』が予想通りの大爆死でも、打ち切り困難で当分は安泰なワケ

立川志らく公式サイトより

 辛口コメントがウリの落語家・立川志らくを司会に起用し、9月30日にスタートした朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)が、早くも”危険水域”に突入している。

 第1部(月~金曜・前8時~9時55分)の初回視聴率は2.9%。午前9時55分~10時25分の第2部は2.4%だった。翌1日はさらに悲惨で、第1部の平均視聴率は2.6%で、第2部は1.8%だった(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「すでにネットメディアでも散々指摘されていますが、失敗の原因はやはり志らくさんはコメンテーター向きであって、MCの器ではなかったということ。しかも、脇にはこちらも炎上コメントを連発する恐れがある、2ちゃんねる開設者の西村博之氏が陣取る異様さ。今後も議論がかみ合うとは思えず、番組の雰囲気も暗い。今回の大惨敗は予想できたことだけに、局上層部の責任問題は免れないでしょう」(TBS関係者)

 当然のことながら、同時間帯ではぶっちぎりのビリ。朝のワイドショー戦争でトップを走る『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)の2018年の年間平均視聴率は9.1%で、志らくの「グッとラック!」はその3分の1にも満たない惨状だ。

「今さらながら局内が恐れているのが、『グッとラック!』のせいで、そのあとに続く『ひるおび』まで視聴者離れが起きること。『ひるおび』の視聴率は堅調で、TBSとしてはここを崩されるわけにはいかない。局内では傷口が広がる前に『グッとラック』の早期打ち切りを求める声が上がっています」(同)

 ただし、数字が悪いからといってすんなり切れるワケではない。志らくは「ひろおび」のメーンMCであるホンジャマカの恵俊彰と同じナベプロの所属。別のTBS関係者いわく「志らくをむげに扱えば、ナベプロがへそを曲げ、恵を使って揺さぶりをかけてくることも考えられる。”打ち切りたくても打ち切れない”のが現状で、低視聴率でも当分は安泰という異常事態になりそう」とのこと。

 志らくの起用について、TBSの佐々木卓社長は定例会見で「辛口コメントはテレビの醍醐味。番組で大立ち回りを」と持ち上げていたが、現在の心境はいかほどだろうか。

最終更新:2019/10/02 17:55
こんな記事も読まれています

立川志らく『グッとラック!』が予想通りの大爆死でも、打ち切り困難で当分は安泰なワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

 数多くのTVドラマやVシネ作品に出演する、俳優・原田龍二。芸歴26年を数えるベテラ...
写真