日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 気球が急上昇、乗客が転落死

最期の瞬間をカメラが目撃! 遊覧飛行の気球が急上昇し、乗客の親子が転落死 

事故に遭った親子。この直後、気球は上昇を始めてしまう(東網)

  中国では今月1日、建国記念にあたる国慶節を迎え、1週間の大型連休となった。これに伴い、中国国内や海外の観光地は、多くの中国人観光客でにぎわいを見せていた。その一方で、悲惨な事故も起きてしまった。

「捜狐新聞」(10月6日付)によると、山東省煙台市で気球の遊覧飛行に参加していた母親(31)と息子(3)が死亡する事故が発生したという。

 親子が乗った気球は、簡易的に取り付けられた椅子に乗客を座らせ、安全ベルトを締めた状態で離陸。ワイヤーロープが届く高度で低空遊覧を行うこととなっていた。ところが、そのワイヤーロープが切れていたため、気球は2人を乗せたまま上昇を続け、上空で爆発したのだ。

 現場に居合わせた人がスマートフォンのカメラで撮影した事故の映像には、気球が突如として糸の切れた凧のように急上昇し、やがて白い煙を上げる様子が捉えられている。2人は気球から投げ出され、地上に落下して死亡したとみられている。

 気球遊覧は人気アトラクションということもあり、この連休期間中、多くの人が訪れていた。地元当局は現在、運営会社の関係者に事情聴取を行っているという。なぜ気球と地上をつないでいたワイヤーロープが外れたのかについては不明だが、安全管理に不備があったとみられている。

 中国では今年5月の大型連休にも、四川省成都市の遊園地に設置された巨大滑り台で事故が発生し、大人2名が死亡、子ども12名が重軽傷を負うという出来事があったばかりだった。

 乗っていた気球が上昇、爆発し落下するなど、死亡した親子にとって想像を絶する恐怖であったことは言うまでもない。再発防止のためにも、責任の所在と事故原因については、しっかりと解明されるべきだ。

(文=青山大樹)

最終更新:2019/10/23 15:15
こんな記事も読まれています
関連キーワード

最期の瞬間をカメラが目撃! 遊覧飛行の気球が急上昇し、乗客の親子が転落死 のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真