日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 仙台母子心中事件、母が残した手記

「仙台母子心中事件」母が残した170枚の手記……学校・教育委員会だけの責任なのか?

NHK ストーリーズ 事件の涙「“170枚の日々”をたどる~仙台 母子心中事件~」

 昨年11月29日、仙台市で起きた母子心中事件。40代の母親が小学2年生の娘と共に命を絶ったこの事件は、娘へのいじめがきっかけだった。学校や教育委員会に何度も対応を求めるも相手にされず、次第に孤立を深めていった末、自ら死を選んだのだった。

 事件から約11カ月、ひとり残された父親を追ったドキュメンタリー『事件の涙「“170枚の日々”をたどる~仙台母子心中事件~」(NHK総合)が放送された。

 明るい性格で、学校が大好きだった娘に異変が起きたのは、昨年5月。小学2年生になってすぐのことだった。登校時、同級生2人にアサガオの竿でたたかれそうになり、たびたび置いていかれるなどのいじめに遭っていることを、泣きながら両親に訴えたのだ。

 この件を学校に相談すると、担任教師は両者を呼んで「仲直りの会」を開いた。嫌がる女児に無理やり、加害児童と握手させたのだ。

 この「仲直りの会」は学校でいじめが起きるとよく行われるものだが、実際のところ、「なぜ、自分のつらい気持ちを加害者にわかってもらえないのか」というわだかまりを被害者の心に残したり、逆にいじめがエスカレートするきっかけにもなっている。この女児も、「仲直りの会」がきっかけで、学校を休みがちになってしまう。

 事態を重く見た両親は、加害児童に謝ってもらおうと学校との対話を始める。その窓口になったのが、母親だった。父親は仕事で帰りが遅いため、母親は娘の体調や学校とのやりとりを毎日、手記として残していた。

 当初は、教室に入れない女児を校長が自ら引き取り、勉強を教えるなど、学校側の対応に期待していた母親だったが、話し合いの場を求めても先延ばしにされ、なかなかうまく進まない。教育委員会などにも相談したが、解決には向かわなかった。

 その間にも娘のメンタルはみるみる弱っていき、8月には人の視線が怖いと訴えたり、腹痛で眠れないといった症状が出たり、習いごとにも通えなくなってしまう。

 2学期が始まるとほとんど学校に通えず、そんな折、娘はこんな手紙を両親に書いた。

<しにたいよ しにたいよ なにもいいことないよ わるいことしかないよ いじめられてなにもいいことないよ しにたいよ しにたいよ>

 たった8歳の娘が小さな心を痛め、死にたいと訴えている――。親として、こんなにつらいことはないだろう。娘をなんとか救いたいとの思いで何度も学校を訪れる母親だったが、皮肉なことに、そういった行為から“モンスターペアレント”といったウワサを立てられ、周囲から孤立を深めてしまう。次第に友人付き合いも減り、10月ごろには好きだった料理も作れなくなる。そして、毎日欠かさず書いていた手記も途絶え、「今日も欠席した」といった簡単な連絡が父親の携帯に届くだけになっていた。

 そして11月29日、母娘は自宅で無理心中した。

12
こんな記事も読まれています

「仙台母子心中事件」母が残した170枚の手記……学校・教育委員会だけの責任なのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真