日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 弘中アナ、フリーにならないワケ

宇垣美里の落ち目を予想? テレ朝・弘中綾香アナが語った「フリーにならない」ワケ

テレビ朝日公式サイトより

 フリーアナの活躍が目立つ女子アナ界にあって、気を吐いているのがテレビ朝日の弘中綾香アナだ。

 10月26日に更新したインスタグラムでは、先日放送されたバラエティー番組『あざとくて何が悪いの?』で初対面を果たした田中みな実と会食したことを報告した。

「共に“あざとい”キャラとあって、現場ではピリピリしていたとも伝えられていましたが、食事をしたことで距離をグッと縮めたようです。田中について弘中アナは『ストイックな私生活のお話を伺って、自堕落な日常を変えていく決心をしました。いつでもどこでも美しいみな実さん、ヴィジュアルだけでなく内面も大好きです。先生と仰ぎ、見習います』とコメント。対する田中も自身のインスタグラムで、『弘中ちゃんが可愛すぎて、たまらないのです。また、一緒に番組ができたらいいなあ~』とつづっています」(芸能ライター)

 昨今は、田中のほかに元TBSアナの宇垣美里もフリーになって大活躍。弘中アナ同様の毒舌キャラを武器に、バラエティーでの露出を増やしている。田中、宇垣ともに局アナ時代と比べて収入は大幅アップしているだけに、おそらく弘中アナの頭にも「フリー」の文字はチラついているはず。

 最近は局の垣根を越えてラジオ番組に出演したり、ユーチューバーデビューを果たしている弘中アナだが、発売中の「週刊プレイボーイ」(集英社)で対談相手の講談師・神田松之丞に語ったところによれば、意外な理由からフリーになる気がまったくないのだという。

「対談でフリー話の流れになった際、彼女は『私がフリーになると、タレントとしか生きていけない気がするんです』と感じていることを告白。『もっと外見の部分とか、「じゃあ、ここらでちょっと毒舌を言ってもらって」みたいな使い方しかされないだろうな』と、自身のポジションを予想したうえで、『それでは社会への影響力は限定的で、ブレイクしても2~3年で落ち目になる』と分析しています。弘中アナは社会に対してムーブメントを起こすことを狙って生きているそうで、その野望の実現のためには、『タレント』という肩書では足りないと感じているようです。毒舌キャラでブレイクしている宇垣も失速し始めているので、その二の足は踏みたくないと言っているようにも聞こえますが(笑)」(前出・芸能ライター)

「やりたいことがたくさんある」という弘中アナ。「野望」の実現には、自由な活動が許されているテレ朝にいたほうがいいということか。

最終更新:2019/11/05 12:00
こんな記事も読まれています

宇垣美里の落ち目を予想? テレ朝・弘中綾香アナが語った「フリーにならない」ワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真