日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 坂口杏里、キャバ勤務も客はゼロ

「出勤してます、暇してます!」坂口杏里、必死のキャバクラ営業も客はほぼゼロの惨状か

坂口杏里

「出勤なうです!」「男女問わずお待ちしています!」

 元タレントの坂口杏里が、10月30日から歌舞伎町にある夜のお店で働き始めたことを自身のインスタグラム上で公表した。

 その後、毎日のようにお店に出勤している様子がSNSに投稿されているが、これについて、スポーツ紙記者が首をかしげる。

「今は芸能界を引退しているとはいえ、多数のテレビに出演していた名前の知れた元タレントがキャバ嬢デビューしたとなると、毎日のようにたくさんのファンが押し寄せるものです。しかし、彼女のSNSを見ると、『本日出勤なうです!』と、何度も投稿しているにも関わらず、『絶賛暇してます!』と書かれており、彼女目当てのお客はほぼ来ていないことがわかります。必死の営業にネットユーザーたちからは、『毎晩、何度も投稿…本当に暇なんだね』と、呆れたコメントが殺到しています」

 このままお客が来ない状態が続くと、坂口はどうなるのか、現役のキャバクラ店長に話を聞くと……。

「通常、入店して1カ月くらいまでは時給が保証されていますが、その後指名が取れないキャストは、時給が下がったり出勤を減らされたりする。これだけ集客力がないことがSNS上で露呈してしまったら、キャバクラ嬢としての成功は難しいのではないでしょうか」

 夜の世界は、芸能界ほど甘くはなかったようだ。

最終更新:2019/11/09 17:30
こんな記事も読まれています

「出勤してます、暇してます!」坂口杏里、必死のキャバクラ営業も客はほぼゼロの惨状かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真