日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 倖田來未、ハットグ食べて批判

倖田來未、路上でハットグ食べるラフすぎる姿に批判殺到「品がない」「行儀悪い」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

インスタグラム:倖田來未(@kodakumi_official)より

 倖田來未が路上でハットグを食べる姿を披露し、反響を集めている。

 倖田は20日にインスタグラムを更新し、「韓国に遊びに行った時にハマった食べ物」「私の大大大好きなハットグ!」と、路上の柵に腰掛け、韓国のファストフードであるハットグを食べている自身の写真を披露した。

 倖田はハットグについて「ちょいちょい、買いに行きます爆笑」と、よく食べることを明かし、「あたしは、ポテト周りについてて、モッツァレラが中に入ってるやつが一押しです!」とお気に入りも紹介。「朝からやばい食欲。ツアー終わったと思って、すんごい食欲なんやけども」とぼやいていた。

 この投稿に倖田のインスタグラムには、「おいしそー!」「たまにはご褒美で食べたくなるときもありますよね」といった声が集まってたが、一方ネットからは、「行儀悪い…」「品がないなあ」「公共の場で柵に座って食べるってどうなの?」といった批判の声も集まっていた。

 いい大人にもかかわらず、路上で飲食するという行為にドン引きの声が集まってしまっていた。

最終更新:2019/11/22 17:57
関連キーワード

倖田來未、路上でハットグ食べるラフすぎる姿に批判殺到「品がない」「行儀悪い」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真