日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 福山雅治、映画俳優として限界

福山雅治、主演映画『マチネの終わりに』がガラガラ大苦戦で映画俳優としての限界露呈か

文=日刊サイゾー

福山雅治

 11月30日~12月1日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社調べ)が発表され、福山雅治の主演映画「マチネの終わりに」が前週の8位から10位にランクダウンした。

同作品は11月1日から全国322スクリーンで公開。芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説が原作で、東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家(福山)とジャーナリスト(石田ゆり子)の愛の物語が描かれている。

「製作を手掛けたフジテレビは、今年に入り『マスカレード・ホテル』『翔んで埼玉』など映画事業が大当たり。『マチネ~』もかなりの客入りを期待していたのですが、現状ではなんとかギリギリ10億円を超えるかどうか。ガラガラの映画館も多く、予想外の苦戦を強いられています」(映画業界関係者)

 福山といえば、2015年9月28日に女優の吹石一恵と結婚。当日のNHKの夜のニュースが大々的に報じ、同日取引で所属事務所・アミューズの株は急落。結婚のショックで早退・欠勤または家事など仕事ができなくなる女性が続出し、「福山ショック」「ましゃロス」と呼ばれるほどの現象を巻き起こしたが、結婚後の出演作品の数字で結婚によるダメージを露呈してしまったようだ。

「16年4月期のフジテレビ系の月9ドラマ『ラヴソング』の全話平均視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。16年公開のパパラッチを演じた主演映画『SCOOP!』の興行収入は7億円にとどまる大惨敗。その後はやや回復傾向にあるものの、結婚前のような動員は期待できない状態です。映画俳優としては限界が見えていますが、それでも相変わらずライブの動員は盛況なので、今後、映像作品をセーブして徐々に音楽活動の比重が増していくのでは」(芸能記者)

 どうやら、女性ファンたちは既婚者としての俳優・福山は受け入れ難かったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/04 16:05

福山雅治、主演映画『マチネの終わりに』がガラガラ大苦戦で映画俳優としての限界露呈かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真