日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 氷川きよしはどう解き放たれた?
J-POP深読みコラム

“演歌界のプリンス”氷川きよしは、いかにして「解き放たれた」のか?

「限界突破×サバイバー」が起爆剤に

 この段階でアニソンを唄ったことはひとつの契機になった。氷川はこの年、アニメソングの一大イベント「Animelo Summer Live 2017」に出演し、この歌とかつての『ドラゴンボールZ』(同)のテーマソング「CHA-LA HEAD-CHA-LA」の2曲を歌唱している。『ドラゴンボール』にハマった世代なのだろう。

 続いて18年には、これもアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の、あの有名な主題歌を唄っている。

 そして氷川はこの19年の夏にも「Animelo Summer Live 2019」に出演。やはり「限界突破×サバイバー」と、もう1曲、『北斗の拳2』(同)のテーマだった「TOUGH BOY」を唄ったようだ。その時のニュース映像が以下である。

 ここでの「解き放たれた感じがして、自分らしくやれたような気がして」「(コンサートでは)演歌半分、ポップス、ロック半分でやってるんですけど」といった発言は、実はあちこちでされている。解き放たれた感覚と、そこでの自分らしさ。いずれも今の氷川のキーワードでもある。

 こうして流れを見ると、演歌とそれ以外のジャンルの楽曲との均衡が変化する起爆剤になったのが2年前の「限界突破×サバイバー」だったのは間違いない。ただ、氷川というか、スタッフは冷静だ。こうした動きの一方で、シングルとして出す曲はあくまで演歌がメインであることを順守している。

 今年3月のシングルは両A面で、まず「大丈夫」は軽快なポップス調ではあるが、やはり演歌である。

123456
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed